100ヤード以内を確実にピンに寄せるアプローチ

グリーンまで100ヤード以内、、、

この距離を結構苦手と感じている方は多いのでは?

どうですか、あなたは100ヤード以内の打ち分けはできていますか。

100ヤード以内はスコアに直結する距離です。

この距離の打ち分けをマスターできると一気にスコアアップできますね。

100ヤード以内のショートゲームの成功がゴルフ上達への近道です。

スポンサーリンク

100ヤード以内の距離感を身に付ける

飛びすぎても、短すぎてもいけません。

ボールが飛びすぎてグリーンをオーバーしてしまうと、難易度が高いアプローチが残ってしまいます。

もしグリーンに乗ったとしても、グリーンの奥に乗ってしまうと、下りのパットが残ってしまい、3パットの危険性が出てきてしまいます。

逆に飛ばなさすぎても、グリーン手前のバンカーに入ってしいスコアメイクするのが難しくなってしまいます。

100ヤード以内を正確に打つためのポイントは、左右の方向性より、まず距離感です。

距離感を高めるにはどうしたらよいでしょう・・・

(1)クラブを短めに持ちスタンスを狭くする

もし100ヤード以内をAWのフルスイングで打っている場合は、PWを短めに持ってみて下さい。

クラブを短めに持ったら、スタンス幅も狭くしてみて下さい。

スタンスを狭くすることで中心軸のブレを無くします。

(2)インパクトの形に再現性を持たせる

AWの距離がばらついてしまう原因は、インパクトでのフェース面が変わってしまうからです。

インパクトですくい打ちになってしまうとロフト角が寝てしまいます。

AWのロフト角が増してしまい、ボールが上がり飛距離が落ちてしまいます。

インパクでのハンドファーストの度合いが同じなら、いつも同じ距離を打てるようになります。

インパクトの形に再現性を持たせるには左足重心がよいでしょう。

(3)トップのポジションを同じくする

バックスイングでフェース面がひらいてしまわないように!

バックスイング中、クラブヘッドを見なくてもどのポジションにクラブヘッドがあるのかどの向きにフェースが向いているのかイメージして練習することです。

100ヤード以内を正確に打つためのポイントは、

  • クラブを短めに持ちスタンスを狭くする
  • インパクトの形に再現性を持たせる
  • トップのポジションを同じくする

です。

(4)フォローで距離感を出す

100ヤード以内の難しさは、「フルショットできない」ということにあります。

フルショットできる距離ならクラブの番手で距離を調整できます。

距離を合わせようとしてインパクトで緩みがちです。

インパクトの緩みを防止する方法としてオススメなのは、

「フォローで距離感を作る」という方法です。

フォローの大きさを決めてからボールを打つとインパクトで緩むというミスを防止できます。

(5)加速させながらボールを打つ

コントロールショットで一番いけないのはインパクトで緩むこと。

加速させながらボールを打てば多少ダフリ気味でも大きなミスになりにくいです。

小さなスイングでも加速させながらボールを打ちましょう。

100ヤード以内に基準となるスイングを作る

100ヤード以内のプレーがスコアに大きく影響します。

100ヤード以内を10ヤード刻みで打てるようになればスコアは素晴らしく改善されます。

まずは10ヤード刻みの距離を打ち分ける前に基準となるスイングを作ります。

30ヤード、60ヤード、90ヤードを安定して打てるようにします。

基準となるスイングを作るには、バックスイングとフォローの大きさで距離を打ち分けます。

このときのポイントは、

「ボールの位置」と「スイングリズム」を変えないこと。

ボールの位置が変われば飛距離も変わります。

スイングリズムが変われば飛距離も変わります。

手先でスイングの大きさを変えるのではなく、「体幹」を使って「肩の回転の大きさ」で距離を打ち分けます。

(1)「基準となるスイング」が安定していれば

バックスイングの肩の回転の大きさで、バックスイング、フォローを大きくすれば、10ヤード距離が大きくなります。

また、バックスイング、フォローを小さくすれば、10ヤード飛距離が小さくなります。

というように飛距離を打ち分けます。

「どれくらい肩をまわすと、どれくらい飛ぶか?」

自分の中で基準を作ることが大切です。

私の場合は、肩の回転度合で距離を打ち分けます。

人によって感覚が異なります。

「トップでの左肩の位置」、

「体全体の感覚」、

「左腕の位置」

などを目安にしても良いです。

(2)基準となるスイングから10ヤード刻みの打ち分

30ヤード、60ヤード、90ヤードの基準となる距離が安定したら、基準となる距離の大きい10ヤード、小さい10ヤードを見つけます。

これで、10ヤード刻みに打てるようになります。

グリーン上の10ヤードは大きいですよね?

スコアが大きく変わります。

(3)一番大切なのは100ヤード以内に基準となるスイングを作る

これをどれだけの精度でできるかが重要です。

100ヤード以内の距離を10ヤード刻みで打てるようになるとスコアが大きく変わりますよ。

アプローチが成功すればスコアは良くなる

もしあなたが、アプローチの打ち方に悩んでいるのであれば、おすすめの方法があります。

それは、ゴルフが上手い多くの人はアプローチの得意クラブを持っています。

アプローチで寄せワン狙うには得意なクラブを1本持つことです。

アプローチで得意なクラブがあると

・アプローチの大きなミスが減る

・アプローチでピンに寄る確率が増える

・状況にあわせたアプローチを打てる

など、、、グリーン周りでの打数が減りスコアアップが期待できます。

アプローチは得意な1本を作れ!

(1)得意なクラブがあると安心してプレイできる

アプローチには様々な状況があります。

プレッシャーのかかる場面もあります。

そんなときに信頼できるクラブがあると安心してアプローチができます。

信頼できるクラブがあるとそのクラブを基準にアプローチのバリエーションを増やせます。

アプローチではPW、AW、SWのいずれかを得意クラブにするのがオススメです。

(2)迷ったらAWを得意クラブにする

SWをアプローチで使用する方が多いですが、、、

SWよりAWの方が簡単です。

SWはフェース面が上を向いているのでボールの下をくぐりやすいです。

ダルマ落としのようになり距離感がつかみにくいです。

SWのロフトは56度、58度が多く使われています。

AWは52度くらい。

SWの56度と、AWの52度では違いは4度ですが、SWのバウンスがAWより大きく難しさが増します。

アプローチはSWを使うよりAWを使うととても簡単になります。

(3)キャリーとランの比率が距離感に大切

得意クラブを決める時、キャリーとランの割合は「ランを少し多め」がオススメです。

キャリー:ラン = 4:6

このあたりがオススメです。

ピッチエンドランと呼ばれるアプローチです。

この比率のアプローチをマスターすると実際のラウンドで使える場面が多いです。

ピッチエンドランを基準にしてロブショットやランニングアプローチを打てるようになります。

フェース面を少し開けばランを減らせます。

手首を柔らかく使うとロブショットになります。

ボール位置を右にすればランが増えます。

クラブを変えればキャリーとランの比率が変わります。

クラブをPW、9番アイアンに持ち帰ればランニングアプローチを打てます。

このように基準となるピッチエンドランを身につけると応用が出来るようになります。

様々な状況でピンに寄せる事ができるようになります。

AWによるピッチエンドランをマスターするとアプローチがとても簡単になります。

距離感も出しやすいです。

得意なクラブでピッチエンドランを身につけてはどうですか?

アプローチが簡単になり、大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう