この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スウェーと体重移動って何が違うのか?

スウェーと体重移動は似ていますがまったく違います。

アマチュアの典型的なミスのひとつに上げられるスウェー。

上体が強く、上体でボールを打ちにいく動きがスウェーを引き起こす。

スウェーと体重移動の違いを知る事でスイングが安定し、
大幅な飛距離アップも期待できます。

「スウェーなんて初心者のミスでしょ・・・」

「オレは大丈夫だよ」

って思っていませんか?

どんなに上手い選手でも気づかないうちにスウェーになっている事があります。

特にラウンド後半で疲れてくるとスウェーになりやすいです。

なぜ「スウェー」はダメなのか?

(1)スウェーをすると「肩が回らない」

飛距離を出すにはバックスイングで肩をまわす必要があります。

スウェーをすると肩が回りにくくなります。

バックスイングで右腰を右に突き出すとスイング軸がぶれて肩が回らないのです。

腰に邪魔をされて肩がまわらなくなります。

「肩が回らない」「飛距離が出ない」と悩んでいるなら
スウェーになっていないかチェックしましょう。

「体が硬くて肩がまわらない」
と思っているゴルファーは多いですが、、、

本当の原因は「体の硬さ」ではなく
スウェーのために肩がまわらないというケースは多いです。

(2)スウェーをすると「体重が左に残る」

スウェーをするとトップで体重が左側に残りやすくなります。

右側に腰をスライドさせると体の右側が伸びます。

するとトップで左に体重が残ります。

トップで左に体重が残るとインパクトからフォローで右側に体重が移動します。

リバースピボットと呼ばれる初心者に見られる悪い動きの代表です。

リバースピボットになるとスイングのパワーはボールに伝わりません。

大きな飛距離ロスになります。

スウェーと体重移動の違い

スウェーとは、スウィング中に体を横方向に揺さぶる動きのことです。

なぜ、スウェーがよくないかというと!

スイング軸が左右にブレてヘッドが走りません。

軸のないコマです。

ゴルフのスウィングは、背骨を軸とした回転運動です。

スウェーによってその軸が左右にずれたのでは、インパクトの再現性が低くなります。

バック・スイングで体重が右足に移動するのは腰と肩が右に回転するからであって、
腰と肩が右に移動するからではありません。

スウェイをしている方を見ると殆どの方が背骨が地面と水平になっています。

つまり、右肩の位置が高すぎるわけです。

右肩はグリップで右手が左手よりも下にくる分だけ下がります。

右肩が下がると、背骨も自然と右に傾きます。

この状態だとバックスイングで回転するだけで右足に体重が乗りやすくなります。

ところが、体重移動がうまくできない方は、アドレスで構えた時に右肩の位置が高すぎて背骨が地面と水平になっています。

これでは腰をスライドさせるしか体重移動の方法はないわけです。

これがスウェイです。

バックスイングは体を右へと回転させる運動です。

重要なのは「右股関節で力を受けとめること」です。

・アドレスで股関節から前傾する

・バックスイングで右足と地面の角度を変えない

を意識すると良いです。

腰を右へと回転させます。

意識としては、右の骨盤を右に回転させるイメージです。

右の骨盤を回転させ、体重が自然と右足に乗る構え方をすることで、体重移動は簡単になり、スウェイも防止できます。

スウェーを直す簡単なドリルを
こちらで紹介しています。

スウェーを直す簡単なドリル

スエー防止にはアドレスが大切

(1)アドレス

あなたは、正しいアドレスができていますか?

アドレスはスイングではないので簡単にチェックできます。

アドレスではアゴを少し上げます。

アゴを少し上げて背筋を伸ばす。

頭が天からつるされているイメージです。

アゴを上げることで肩の回転がスムーズになります。

肩の回転がスムーズになるのでスイング軸が安定します。

肩の回転をすればスエーの防止になります。

肩の回転がスムーズになるので回転スピードが早くなります。

アゴを少し上げて背筋を伸ばしましょう。

(2)おしりを上に上げる

おしりを少し上に突き出す。
おしりを上にあげるとスイング軸が作りやすいです。

(3)ヒザにゆとりを持たせる

ヒザはゆとりを持ち軽く曲げる。

重い物を持ち上げる時、腰を屈める姿勢です。

パワーがためやすくスイング中に踏ん張れるようになります。

(4)肩の力を抜く

肩や腕に力をいれすぎない。

アドレス時に右肘を少し曲げると上半身の力みが取れます。

上半身の力みがとれるとヘッドスピードがあがり飛距離アップを期待できます。

スウェー防止にはアドレスのチェックも大切です。

もしあなたが「ショットが安定しない」「飛ばない」
と悩んでいるなら

気づかないうちにスウェーになっている
可能性もありますよ。

スウェーはスライス、フック、ダフリなどあらゆるミスの原因になります。

スウェーを直すとショットが安定して力強いスイングができますよ。

応援しています!

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
スウェーと体重移動って何が違うのか?
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!