ドライバーのオーバースイングを直して飛距離アップ

トップが大きいほど飛距離が出る・・・はウソ!

飛ばそうと考えるとついついオーバースイングになります。

オーバースイングで飛距離をロスしている人は意外と多いですね。

本人が気づかないうちにオーバースイングになっている場合もあります。

少しくらいオーバースイングの方が飛距離はでるのでは?
と思っている方もいます。

でも、、、誤解です。

トップからインパクトまでの加速できる距離が長くなると思いがちですが、
殆どの場合、オーバースイングは飛距離が落ちます。

理由はいくつかあります。

●オーバースイングだとクラブの芯を外しやすくなる。

●ダウンスイングで腕が体の回転に追いつかず振り遅れになる

スポンサーリンク

オーバースイングの解決方法

オーバースイングを直せば、腰の回転を早くしても振り遅れないので
下半身のパワーが活かせます。

オーバースイングを直すとショットが安定します。
ミート率が上がり飛距離も伸びます。

トップをコンパクトにする

理想のトップ位置は、

一般的にトップでシャフトが地面と平行になる!

しかし、、、

トップでシャフトが地面と平行になる
を意識するとオーバースイングになります。

バックスイングの勢いで自分がイメージしているより
オーバースイングになるのです。

オーバースイングを直すには
ハーフスイングのトップの高さをイメージすると良いでしょう。

ハーフスイングのトップで
理想的なトップにおさまるケースは多いです。

バックスイングで右膝を伸ばさない

バックスイングで右膝が伸びると、腰が回転しすぎてしまいます。

肩と腰の捻転はすでに最大になっても肩がどこまでもまわる。

肩がまわりすぎればオーバースイングになります。

バックスイングで右膝の曲げをキープすると腰の回転が制限されます。

肩を充分に捻転した状態でバックスイングは終了です。

肩の回転が浅くなるように感じるかもしれませんがそれでよいのです。

捻転が最大になり充分なパワーが溜まっています。

それ以上に肩を回そうとするのはスイングを不安定にするだけです。

バックスイングで右膝を伸ばさないようにすれば
オーバースイングが直り飛距離が伸びます。

フォローを大きくする

大きなフォローができると飛距離がでます。

フォローを大きくして飛距離を伸ばす練習方法を紹介します。

フォローが小さいとヘッドが加速しません。

フォローが大きいとヘッドが加速して飛距離がアップします。

大きなフォローをとって飛距離を伸ばす方法をご紹介します。

上半身に力が入りすぎるとフォローが小さくなります。

肩、腕、グリップに力が入ると大きなフォローがつくれません。

肩、腕、グリップから無駄な力を抜きましょう。

一度、練習場でコレを試して下さい。

  • 上半身から力を抜いてアドレスをする
  • 肩、腕、グリップの力をできるだけ抜く
  • ダウンスイングはクラブの重さを利用する

「力み」のために飛距離を落としている方が多いです。

このドリルで飛距離アップのヒントをつかみましょう。

(1)クラブ2本素振り

上半身の力を抜いてクラブを2本で素振りをしてみてください。

フォローが大きくなりやすいです。

(2)フォロー(3時)の形からスイングをはじめる

フォロー(3時)の状態からバックスイングをして、またヒニッシュまで振りぬきます。

フォローからスイングを開始するので自然とフォローが大きくなります。

飛距離が伸びるとゴルフは楽になります。

飛距離を伸ばしてレベルアップしましょう。

まとめ

1.トップをコンバクトにする

2.バックスイングで右膝を伸ばさない

3.フォローを大きくする

これだけでオーバースイングが直る場合は多いです。

腰の回転が制限されます。

肩を充分に捻転した状態でバックスイングは十分です。

トップでクラブが地面と並行になります。

オーバースイングにならないのでインパクトが安定します。

肩の回転が浅くなるように感じるかもしれませんが、それで十分に回っています。

捻転が最大になり充分なパワーが溜まっています。

それ以上に肩を回そうとするのはスイングを不安定にするだけです。

バックスイングで右膝の曲げをキープすれば、オーバースイングが直りスライスも直る可能性は高いです。

あなたの飛距離はまだまだ伸びます。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう