この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチ20、40、60ヤードの距離感

どうすれば、20、40、60ヤードという中途半端な距離をコントロールできるのか?

この中途半端な距離を苦手とするゴルファーは多いです。

100ヤード以内はスコアに直結する距離です。

この距離の打ち分けをマスターできると大幅なスコアアップを期待できます。

おそらく、

「90が切れない」と悩んでいる方はあっさりと90が切れるでしょう。

短いアプローチで寄せワンを増やせば大幅なスコアアップを期待できます。

20ヤードから寄せるアプローチ

アプローチの状況は、ピンから20ヤードで花道からの寄せです。

(1)手首の角度を固定する

20ヤードという短いアプローチを成功させるには
手首の動きをおさえます。

手首の動きをおさえるとインパクトの打点と入射角が安定します。

距離は出ませんが方向性と距離感が安定します。

グリッププレッシャーを強めにしてクラブの動きを小さくします。

ボールを「打つ」というより
「ラインに押し出す」というイメージになります。

(2)下半身を動かさない

短いアプローチでは下半身を動かしません。

打点が安定します。

距離を出す必要がないので下半身の動きをおさえます。

(3)肩の動きでストローク

距離を出す必要のないアプローチは手首を使いません。

手首を使ってボールを打つと打点が安定しません。

パットのストロークのように肩を使ってボールを打ちます。

肩でストロークすると再現性が高いアプローチになります。

肩の動きで打つスイングがワンレバースイングです。

イメージは振り子運動です。

(飛距離をだすにはツーレバースイングになります)

ワンレバースイングは、小さな体重移動とわずかな足の踏み替えが発生します。

スイングは緩やかな回転運動になります。

ワンレバースイングの始動は、背骨の両脇にある筋肉を意識して、

背骨を中心に入れ替えるように動かすことから始めます。

試してみてください。

40ヤードから寄せるアプローチ

100ヤード以内の難しさは、フルショットできないということにあります。

フルショットできる距離ならクラブの番手で距離を調整できます。

アプローチの距離を合わせようとしてインパクトで緩んでしまう?

では、ピンまで40ヤード、、、

オススメの方法があります。

(1)距離の基準を作る

距離の打ち分けには、「距離の基準」を持てばよいのです。

基準となる距離を作るとアプローチがやさしくなります。

基準の距離は人それぞれで違ってきます。

私は20、40、60ヤードの3つを基準にしています。

私の練習場の旗がこの刻みになっています。

恐らくあなたも

100ヤード以内で安心して打てる距離があると思います。

その距離を基準にして、振り幅を変えて距離の足し算、引き算をします。

(2)加速させながらボールを打つ

アプローチで一番いけないのはインパクトで緩むこと。

それには、加速させながらボールを打つ事です。

小さなスイングでも加速させながらボールを打ちます。

多少のミスもカバーされます。

(3)低いボールで打つイメージを持つ

グリーンが近くに見えると高いボールを打ちたくなります。

すると「すくい打ち」になりやすいです。

ウエッジは何もしなくてもボールが上がってくれます。

「低いボールで方向性を出す」というイメージで打ってみてください。

ピンまで20、40、60ヤードはスコアに直結する距離です。

この中途半端な距離をコントロールできると一気にレベルアップできますよ。

応援しています!

参考:

簡単にスコアを5つぐらい縮める方法は、
まずは練習方法を根本から変えなければならない。

2週間、練習時間の90%をチップショットとパットに費やし、
残りの10%だけをフルスイングにすることです。

こうすれば95のスコアは必ず90になるはずです。

ショートゲームを極める効果的な練習方法があります。

https://egolfview.com/archives/13534

参考になれば幸いです。

忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
アプローチ20、40、60ヤードの距離感
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!