ドライバーの手打ちを防止して体と手の一体感を出すドリル

どうすれば、ゴルフ上達できるの?
ゴルフの上達を願ってやまない熱心なゴルファーのために!

80を切るというのであれば、それなりのお金も時間もがかかりますが、90を切るのでいい、というのであれば誰にでもできることです。

手っ取り早く90を切るゴルフ上達法

driveropenゴルフのダメスイングで
致命的になるのは手打ちスイングです。

ゴルフは、クラブを手で握るので
手や腕を当然使います。
プロゴルファーも手や腕を使って、
スイングしています。

では、何が違うのでしょうか。

プロゴルファーは、身体の動きに合わせて、手や腕がついてくるスイングをしています。

下半身の動きにつられ
上体が動き、そして最後に腕が動いてきます。

一方、アマチュアゴルファーのスイングはというと、
手打ちになっているのです。
身体の動きが止まってしまい、手や腕だけでスイングしているのです。

身体の動きがメインになっているときは、
手や腕を使っても手打ちにはならないのです。

手打ちとは、身体の動きを止めてしまい、手や腕だけで
スイングしてしまう打ち方なのです。
手、腕に必要以上の力が入ってしまっては
スムーズにスイングすることが難しくなってしまいます。

たとえ身体を使っていても、インパクト付近で手、つまり手首を
こねてしまうと、結果的に手打ちになってしまうのです。

アマチュアゴルファーが手打ちになりやすい原因は、
どこにあるのでしょうか。

使い慣れた手や腕を使って綺麗にインパクトしたい・・
その気持ちが先行してしまいます。

たしかに、身体の動きを止めて、手や腕を使ったほうが、
ヘッドにボールを当てやすいですが
それでは、緊張した大事な場面でナイスショットを打つことは
できません。

手打ちをしないと、ボールが右に抜けたスライスになってしまいそう・・・
綺麗にインパクトできずに、トップ、ダフリがでてしまいそう・・・

それでインパクト付近で無意識のうちに
手先を使ってしまうのです。

インパクト直前でフェイス面がオープンになっているので、
手打ちをして、フェイス面を調整しているのです。

では、フェイス面をオープンにしないためには、
どうしたら良いのでしょうか

最も大きな原因は、ダウンスイングで
体のターンと腕がバラバラに動き、
手だけが先行し手元が浮いてしまうケースが多いです。

左脇を締めダウンスイングをする意識をもってください。

身体と手、腕に一体感を持たせることが大切です。
一体感を持たせるための練習ドリルを紹介します。

クロスハンドドリルです。
左手と右手を逆にしたクロスハンドで打つドリルです。
スイング中は、左腕を伸ばした状態をキープして下さい。

この続きは、動画をご覧になって、
一体感スイングをマスターして下さい。

応援しています。

上達するゴルフ練習法がオススメする練習メソッド

★体幹軸ゴルフ マスターパック
★忙しいサラリーマンの私が仕事をしながらハンディキャップ1になれたゴルフ上達法 手っ取り早く90を切るゴルフ上達法 是非、お試しください。

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
ドライバーの手打ちを防止して体と手の一体感を出すドリル
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!