パターは入れる?寄せる?コツがわかれば簡単に上達

ゴルフでパッティングの重要性をあなたは知っていますか?

パー72の半分はパット。 ショット36、パット36。

つまり、ショットにはドライバーから、アイアン、アプローチ、バンカーまで入れたショットが36で、パットだけで36なのだから、いかにスコアにおいてパッティングが重要かわかります。

スコア100以上の方も、例外ではなく、スコアカードを見るとパッティング数がスコアの半分近くをしめています。

パッティング数を確実に減らし、パッティング上達の秘訣をご紹介します。

スポンサーリンク

ゴルフはパット数がスコアの約半分をしめる

ショット55、パット46、スコア101

このことから、スコアアップのためには、ショットの練習とパッティング練習は同じくらいするべきですよね?

バランスから考えるとそれが当然ですよね?

しかし、パッティングの重要性は、一般的に言われていますが、実際にパッティングの練習をしている人は少ないのが現実です。

それは、何故か?

それは、「どのように練習すれば良いかわからない」、「地味なパッティング練習はすぐに飽きてしまう

の2点につきます。

パットで、お悩みではないですか?

「パッティングラインの読み方がわからない」

「いつも、オーバーまたはショートしてしまう」

「1mのショートパットをはずしてベスト更新を逃してしまう」

「自分にはどんなパターがあっているのか、わからない」

ショットの調子が良いのに、パッティングが不調でベストスコアを逃してしまった人を沢山、見てきています。

本人も残念でしょうが、一緒にラウンドしている私も残念に思います。

そんな時、いつも思います。

なぜ、多くのゴルファーは、ショットの練習は熱心にするのに、パッティングの練習はしないのだろう?

パッティングのコツなんてショットに比べれば単純で、正しく練習すれば、すぐにベストスコアがだせるのに・・・

スコアの半分をしめるパッティングは、コツをつかんで練習すれば確実に上達します。

この記事を読んでいただいている方には、こんな失敗をして欲しくありません。

質問です!

あなたは、パターを打つ時、何を考えて打っていますか?

正しくストロークできるようにって考えていますか?

これは大事ですね、練習通りストロークする事はとても大事で、これが狂ってしまうと、寄ったり入ったりしても全てが偶然ですからね。

それとも距離を合わせるつもりで打っていますか?

3mや5m、時には10m以上となる場合もありますよね。

距離感をしっかり持って、その距離を打てるようになる事はとても重要です。

また、ラインに乗せようと打っていますか?

ラインを読んで、そのライン通りに打てるように、そのラインにボールを乗せるように打つ事はとても重要です。

そのラインにどれくらいの強さで転がしてあげればいいのか、これをイメージできるようになると、かなりの上級者ですね。

カップインを狙って打っていますか?

カップに入れる!!、集中して打てば必ず入る

カップに入れてやるぞ!って集中する事はとても大事で、その強い集中力が実際にカップインに導く事も多いですからね。

とどれも大事で大切な事ですよね。

反対にダメな事は何でしょうか?

それは何となく打つという事です。

寄せたいのか、入れたいのかがはっきりしなかったり、また、ラインも読んでいないのか、読んだけどもあまりにも適当なのか、みたいな感じで打っている人も多いです。

まず最初にすべき事は、寄せるか入れるかはっきりする事です。

これを徹底しましょう。

さらに1mくらいは入れるつもりで打ってもいいですが、10mの距離を入れようとしても無理がありますよね。

3mくらいのパットでは、10cm以内に寄せるとか、5mのパットなら30cm以内に寄せるとか、ここをしっかり強いイメージを持つと大きなミスが減ってくるのです。

3パットで多いのが、1打目で打ち過ぎて返しで入らないパターンと1打目が弱すぎて2打目も長いパットが残るパターンです。

まずはこれらを無くす事が大事です。

10mのパットは、1mに寄せる事これが大事で、そのつもりで集中する事が大切です。

入ればいいなと思って打つとインパクトで強く打ってしまう事もあるので、徹底して寄せる、そのつもりで打ってみましょうね。

まとめ

自分はパターが苦手だからと適当に打っている人がとても多いのですが、結果が伴わなくても寄せるか入れるかはっきりする事が大切です。

絶対に寄せる!って思っていても、寄らない事もあるでしょう。

ただ、絶対に寄せるって思う事が大切で、それがあるから上達の道が見えてくるのです。

3パットが多い人は、強い意識を持って取り組んでみましょうね。

何となくは打たない、徹底して寄せる事に集中しましょうね。

頑張ってください。

ゴルフは、思った方向に、思った距離を出すというゲーム

そのためには、まずはグリップ・姿勢・その時の向きという、打つ前の原則(プリスイングの原則)を知り、そこから、しっかり練習することが必須です。
上達するゴルフ練習法

Enjoy Golf Lessons PART.3

Enjoy Golf Lessons PART.4

Enjoy Golf Lessons PART.5

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう