アイアンをダウンブローで打てばダフリやトップになりにくい

アイアンの上手い人はダウンブローに打ちます。

ダウンブローのメリットは

・ライが悪くても打てる

・距離が安定する

・ロフトが立つので飛距離が出る

・ボールにバックスピンがかかる

・ダフリやトップになりにくい

・打感が良い

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

ダウンブローとは何か?

スイング軌道の最下点に達する前にクラブヘッドがボールに接するショットです。

ダウンブローはクラブがボールにコンタクトする許容範囲が広い。

ダウンブローに打てばダフリやチョロになる確率は大きく減ります。

ダウンブローに打てばフェース面がズレないので狙った方向に打てるようになります。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、すくい上げる打ち方は無いのです。

ではどうすればダウンブローに打てるのか?

スポンサーリンク

ダウンブローに打つためのポイント

(1)スウェーしていませんか?

飛距離を伸ばしたいと思うと気づかないうちに「体重移動」が大きくなりやすいです。

体重移動をしようとするとバックスイングで右膝が右に動きやすいです。

右膝が右に移動すると腰も右に移動します。

腰が右にずれるとクラブ軌道の最下点が右に移動します。

最下点が右に移動するのでトップやダフリになりやすいです

トップやダフリまではいかなくてもアイアンのあたりが薄くなりがちです。

アイアンショットでボールのつかまりが悪いと感じたら要注意!

バックスイングでスウェーしている可能性は高いです。

チェックしてみましょう

スウェーをしていることに本人が気づいていないケースは多いです。

スウェーをしていないかチェックしてみましょう。

スウェーをしているかをチェックする簡単な方法をご紹介します。

クラブは使わずに出来るので試して下さい。

・右足の右側が壁についた状態でアドレスします。

・右腰と壁の間に隙間ができます。

・手を胸の前でクロスしてシャドースイングします。

・バックスイングで右腰が壁に近づくようなら、、、

あなたはスウェーをしています。

バックスイングで右腰が壁に近づかずクルッとその場で回転できるなら大丈夫です。

(2)ボールを上げようとしない

ボールを上げようとするとすくい打ちになりやすいです。

練習場のボールは高さがでません。

練習用ボールはラウンド用ボールと構造が違います。

練習用ボールは安価であり耐久性に優れています。

そのために構造が本番ボールと異なるのです。

練習用ボールは本番用のボールの3分の2程度の高さしか上がりません。

ボールが上がらないので無意識のうちにボールを高く上げたくなります。

「すくい打ち」になりやすいのです。

練習マットはクラブヘッドが滑るのですくい打ちでもボールが飛びます。

「すくい打ちは」はコースに出るとダフリになります。

「本番よりも低いボールを打つ」という意識で練習すると良いです。

ティーアップしたボールを打つとマットの影響を受けないのでオススメです。

(2)「打ち込む」という意識は必要ない

ダウンブローに打とうとすると上から鋭角に打ち込もうとしがちです。

打ち込むインパクトはインパクトゾーンが短くなりショットが安定しません。

手首を痛める原因にもなります。

ダウンブローのメリットは

・ダフリやトップになりにくい
・インパクトでのフェース面が安定して左右のブレが減る
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ライの影響を受けにくいので、芝が薄い場所からでも打てる
・打感が良い

(3)アイアンの重さを利用する

トップからアイアンは重力により落ちようとします。

クラブの重さを利用すると力強いインパクトをしやすくなります。

(4)左足を踏み込む自然な体重移動をつくる

トップから左足を踏み込むと体重が自然に左足に移動します。

体重を左足に乗せながらインパクトします。

インパクトで左足に体重が乗ると力強いボールを打てます。

左足で踏み込む動作を覚えるオススメのドリルがあります。

「左足踏み込み素振り」です。

ボールが目の前にあると「ボールを打つ」という意識が強くなりやすい。
なので、素振りで動きを身につけます。

・バックスイングで左足のかかとを少し上げます

・ダウンスイングで左足を踏み込みます

・フォローで左足1本に体重を乗せます

スムーズな体重移動とクラブの重さを活かしたスイングが身につきます。

ボールを打つ場合は、「素振り」と「ボールを打つ」を交互に行なうと効果的です。

左足体重でインパクトを身につけるとアイアンショットが安定しますよ。

ダウンブローを習得する練習ドリル

アイアンでボールを上げたいという意識があるとアッパーブロー(すくい打ち)になりやすいです。

アッパーブローとはスイングの最下点を過ぎてからボールを打つ動きです。

アッパーブローはロフトが寝るため飛距離がおちるデメリットがあります。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

ダウンブローに打つことで、

  • トップやダフリに悩まずにすみます
  • 飛距離が伸びます
  • 最高に気持ち良い打感でボールを打てます

インパクト時の「体の重心位置」や「グリップの位置」を少し直すだけでダウンブローに打てる場合も多いです。

ダウンブローに打てるとアイアンショットの後、芝生が前方に飛んで行くショットをテレビなどで見ることがあると思いますが、ダウンブローで打つ事でそうなります。

ダウンブローはアイアンの上達、ゴルフの上達に欠かせないショットの一つです。

アイアンショットはスイングの最下点でボールを捉えるのではなく、ボールにスピンを掛けてボールをコントロールするには、ダウンブローでボールを上から叩くようなイメージで捉える必要があるのです。

ダウンブローでスピンを効かせたボールを打つことが出来ると、グリーン上でボールを止める球が打てるようになります。

ということは、ダウンブローでピンをデッドに狙って、ワンパットでカップイン出来たらパット数が減ってスコアも良くなりますね。

ダウンブローを身につける簡単ドリルがありますのでご紹介します。

(1)練習マットの下にボールをはさむ

練習場のマットの右端に、2つほどボールをはさみます。

するとマットの右端が高くなった状態で緩やかな傾斜ができます。

(2)ボールをマットの平らな部分に置く

マットの右側は高くなりますがマットの中央や左側は平らです。

平らな場所にボールを置きます

(3)通常通りにボールを打つ

通常どおりにボールを打ちます。

右側が高くなっているので、心理的にアッパーブロー(すくい打ち)を防止できます。

ダウンブローに打つためのポイントは「正しいインパクトの形を知る」です。

正しいインパクトの形を知っていれば、自然にスイングは正しい状態に近づきます。

簡単な方法ですので練習場でお試し下さい。

まとめ

ダウンブローに打つポイントをご紹介しました。

ダウンブローのメリットは多いです。

・ライが悪くても打てる
・距離が安定する
・ロフトが立つので飛距離が出る
・ダフリやトップになりにくい
・スピンがかかるのでグリーンでボールが「キュッ!」と止まる

など、、、スコアアップのために多くのメリットがあります。

ぜひダウンブローをマスターしてください。

応援しています!

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう