ドライバーの飛距離が落ちる原因はコレ!

最近、ドライバーの飛距離が落ちた・・・

もしあなたがドライバーの飛距離が落ちたとお悩みなら、オススメの解決化策があります。ドライバーの飛距離はスクアメイクに圧倒的に有利です。

飛距離が落ちるとゴルフの醍醐味も面白さも半減するでしょう。あなたの飛距離が落ちた原因は何か分かっていますか?ドライバーの飛距離が落ちる原因はいくつかあります。

たとえば、、、

・無駄な力み

・肩の捻転が不足

・過剰な体重移動

これが原因と思われるのであれば、おそらく、スイングリズムが早くなっているケースが多いです。スイングリズムが早い方が飛ぶのは確かです。それはプロには通用しますが、アマチュアには難しいでしょう。

飛ばそうとするほどリズムが早くなり

・力みが発生して手打ちになる

・肩の捻転が不足する

・振り遅れになる

これでは飛距離も落ちてスイングの安定性も悪くなります。プロは早いリズムでも、充分に捻転し、振り遅れないからです。重要なのは「あなたにとっての最適なリズム」でスイングすることです。

あなたの最適なスイングリズム

(1)左手片手素振り

あなたが力みのないスイングリズムをつかむには左手一本で素振りがオススメです。リズムを崩す原因は右手を使いすぎでしょう。

そのため左手一本で素振りをすると理想的なスイングリズムがつかめます。飛距離が落ちた、ボールが曲がる、力みがでる、リズムが早い、、、と感じた時は、左手一本で素振りをしてリズムを整えるがオススメです。

多くのトッププロが「スイングは左手で作る」と言っています。

(2)ゆっくりテークバック

テークバックをゆっくりすると捻転が深くなります。クラブの芯で打ちやすくなります。つまりショットが安定して飛距離が伸びます。

ミスショットの多い人ほどバックスイングが早いです。早すぎるバックスイングはスイング軌道が安定しません。テークバックが早いほうが肩が回転しやすそうですが、、、むしろ逆です。

ゆっくりとテークバックすることで力みがなくなり肩が深くはいります。スイング軌道も安定して芯で打ちやすくなります。飛んで曲がらないショットが打てるのです。

多くのトッププロがテークバックをゆっくりしろと言っています。飛距離アップとショットの安定にはゆっくりテークバックがオススメです。

(3)大きな筋肉を使う(結論)

手や腕の小さな筋肉で振っても飛距離はでません。スイングのリズムが良いと体幹の大きな筋肉を使ってスイングできます。大きな筋肉は器用に動かないのでスイングの再現性が高くなります。

大きな筋肉はパワーが大きいのでヘッドスピードが上がります。スイングリズムが良いと大きな筋肉を使えてスイングが安定して、飛距離もアップします。

飛距離が伸びるとスコアアップにつながりますし何よりもゴルフが楽しくなります。

ドライバーといえば、最も飛距離が出るクラブです


誰もが遠くに飛ばしたいと思い強くスイングしようとします。
ですが、初心者ゴルファーはスイングが固まっていないため、強くスイングすればするほど、だんだんと軸ブレが起きてきてしまいます。

応援しています!

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク