肩と腕と手の無駄な力みを無くす脱力ドリル

「軽く振った方が飛んだ!」という経験はありませんか?

軽く振って飛ぶスイングは無駄な力みがないスイングです。

上半身の無駄な力みをとると飛距離がでます。

ではどうすれば?

遠くへ飛ばそうとしなければボールは遠くに飛ぶ!

飛ばそうとせずにリズム良くスイングしたときの方が飛距離がでるものです。

とは言っても、、、

ついつい飛ばしたいという気持ちから力みが出る時がありますね?

飛ばすには筋肉を速く動かします。

筋肉を速く動くためには筋肉を緩めないとダメです。

力を入れた状態では体は速く動けないのです。

それには「無駄な力み」をとれば飛距離が伸びます。

当然、ショットも安定します。

どうすれば「無駄な力み」は取れるか?

私も常に意識して取り入れている方法があるので紹介します。

目をつぶって素振りをします

素振りをするだけでも力みを取る効果があります。

目をつぶることで効果が高くなります。

目をつぶって素振りをしてからボールを打ちます。

素振りの感覚が消えないうちに、ボールを打ちましょう。

目をつぶって素振りをすると体の動きの細部を感じることができます。

また、力みを取ると同時に丁寧なスイングができます。

右手の力を緩める

上半身に力が入る原因はいくつかありますが、

右手のグリップに力が入りすぎているというケースが多いです。

アドレスで右手のグリップの力をフワッと緩めます。

肩の力が抜けてテークバックがスムーズになります。

それと左主導のスイングがしやすくなります。

アドレスの時間を短くする

アドレスで構えてからの時間が長いと徐々に力が入ってしまいます。

アドレスの時間が短いと飛距離はでるものです。

ですから、

アドレスしている時間を短くすると良いです。

サッと構えて、サッと打ってしまいましょう。

プレーも早くなりますし、メリットは多いです。

両足をしっかりと踏みしめる

「力まないためには、手や腕の力を抜く」

ということがポイントですが、意識してもなかなか上手くいかないものです。

そんなときは、意識する場所を変えてみましょう。

意識を腕や手ではなく、「下半身、両足をしっかりと安定させる」これを意識します。

「アドレス時に両足をしっかりと踏みしめる」

意識を上半身ではなく下半身にむけます。

自然と上半身の力が抜けていきます。

トップでクラブの重さを感じる

あなたは、トップでクラブの重さを感じられますか?

トップでクラブの重さを感じられない場合は、力んでいる可能性が高いです。

クラブの重さを感じるには、下半身、両足をしっかりと安定させます。

テークバックは腕の力ではなく肩の回転や背筋でします。

腕は余計なことをしない。

アドレス時に両足をしっかりと踏みしめると自然に腕の力が抜けます。

腕に力が入るとクラブの重さを感じることはできません。

トップでクラブの重さが感じられるかを意識しましょう。

スィングのリズムが早くなるのを防止する効果もあります。

アドレスでクラブを地面にプレスしない

ドライバーのアドレス時、クラブを地面につけず、少し浮かせます。

クラブを地面から浮かせた状態で、バックスイングをはじめると力みが取れやすいです。

クラブを地面につけるとグリップの緩みすぎが発生します。

人により地面につけた状態の方が安心できるという方もいます。

どちらが正解というものではありません。

両方を試してみて、スムーズにスイングできる方を試して下さい。

ドライバーでボールを打つ場合、地面にクラブを押し付けないで、

地面に軽く触れる程度でテークバックの始動をオススメします。

グリップに指を絡める

飛距離はグリップで大分変ります。

グリップがしつくりこないでいるゴルファーが多いと思いますが、飛ばすためにはグリップがポイントです。

殆どのゴルファーの方がグリップを強く握りすぎていますね。

そのためにクラブを走らせることができないのです。

自分でヘッドスピードのブレーキをかけてしまうんですね。

グリップは手のひらでべタッと握るのではなく、指をグリップに絡めるようにして握ってください。

小指から1本1本からめていきます。

ひもでクラブを縛るようなイメージがあるといいです。

ひもで縛ってあれば力を抜いてもクラブは飛んでいかないないですね。

そういうイメージがあれば手に力を入れなくなります。

手でクラブを振るわけではないので、力を入れる必要はないんです。

スウイング中に緩まなければそれでいいのです。

また飛ばすことに焦点を絞るなら

『つかまる気がする』ということが大事です。

スライスするかも、という不安があったら思い切り振り切れないでしよう?

つかまりの良いフックグリップで握ります。

正面から見て左手のナックルか3つ、ないし4つ見えるのがフックグリップですね。

このとき親指と人差し指にできるV字をしつかり締めておくことが大切です。

ここが空いてしまうとフェースの向きが変わりやすいからです。

親指と人差し指の付け根が空いている人ってけっこう多いので、これは重要なポイントです。

では右手はどうでしょう?

右手はフェースの向きを感じ取ることが大事なので、フィーリングが出やすいよう手のひらではなく指で握ります。

親指の腹がグリップに触れるようにしつつ、親指と人差し指でグリップを支えます。

握り方の注意点はこれぐらいですが、左右の手の役割を知っておくといいでしよう。

手の役割はフェースコントロールでクラブを振ることには使わない。

それぞれ役割があります。

要はてこの作用が働けばいいわけで、

左手の中指、薬指、小指が力点で

右手の親指と人差し指が支点です。

力点である左手の3本は動力であり、右手の2本が支点となってクラプヘッドが動きます。

てこの原理が働きますから、力点である左手を少し動かすだけで作用点であるクラブへッドが大きく動くのです。

つい右手でボールを打ちにいきたくなりますが、右手は支点なので動かさないんです。

実際には手はほとんど使いません。

クラブを振るのはあくまでも体のターンで、手の役割はフェースコントロールです。

飛ばそうとすると、どうしても手でクラブを振り回したくなりますが、それは意味がないのです。

手で振ってもスピードは上がりません。

体のターンでシャフトをしならせることでヘッドスピードが出せるんです。

手を動かしてしまうとシャフトはしなりません。

飛ぶ飛ばないに最もかかわってくるのは体との距離です。

体に近すぎるとクラブを振るスペースがなくなり、腕を曲げてアジャストするか、上に伸び上ってアジャストするかのどちらかになってスピードが出せません。

トップスピードを出せるのは遠心力で腕が伸びた状態でとらえるときです。

是非試してください。

上半身の無駄な力みをとってボールを遠くに飛ばす!

実は私も無駄な力みが発生するタイプなのでご紹介した方法を取り入れています。

・目をつぶって素振りをします

・右手の力を緩める

・アドレスの時間を短くする

・両足をしっかりと踏みしめる

・トップでクラブの重さを感じる

・アドレスでクラブを地面にプレスしない

あなたもこの無駄な力みを取り除けば飛距離は必ず伸びます。

飛ばしのパワーの源はバックスイングでの捻転(腰と肩の回転の差)です。

捻転をどれだけ大きくできるか?

捻転を大きくするには無駄な力みを取り除く必要があります。

これが飛距離を伸ばす重要ポイントです。

上半身の無駄な力みを取るとバックスイングの捻転が大きくなります。

上半身の無駄な力みを取って飛距離を伸ばしましょう。

あなたは飛ばそうとして上半身に力が入っていませんか?

応援しています 。

60歳以上の方でも
クラブを変えずに飛距離を伸ばした
最速飛距離アップ術に興味ありませんか?

ゴルフ飛距離130%ブースター

スポンサーリンク

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう