「 飛距離アップ 」一覧

どうすれば飛距離を伸ばせるか?厳選4つの方法!

どうすれば飛距離を伸ばせるか?厳選4つの方法!

グリップの力を抜くと、ヘッドが走り高いボールを打てます。飛ばそうとして力がはいると、ヘッドが走らず、低いボールになってしまいます。グリップの力を弱くすることでアイアンもドライバーも飛距離が伸び、アイアンショットは高いボールが打てるようになります。

記事を読む

ドライバーでもう30Y飛ばす必殺技とは?

ドライバーでもう30Y飛ばす必殺技とは?

ドライバーの飛距離に伸びやむアマゴルファー に、必殺技をお伝えします。 社会人になってからそれなりの年月が経ちますが、 ドライバー...

記事を読む

飛距離が出るドライバーの打ち方があります!

飛距離が出るドライバーの打ち方があります!

私達ゴルファーは飛ばそうとすると右手でボールを叩きたくなります。 しかし、右手を強く使うとスイングの再現性が悪くなりやすいです。 ...

記事を読む

ドライバー飛んで曲がらないショットを打つ方法

ドライバー飛んで曲がらないショットを打つ方法

では、どうすればドライバーを飛ばせるのか? ゴルフは飛距離が出ると有利です。 飛距離がでるゴルファーはダウンスイングからインパク...

記事を読む

アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る

アーリーリリースを直して飛距離が出るタメを作る

アーリーリリースとは、バックスイング時のコックの「タメ」をダウンスイングの早いタイミングで解いてしまうスイングです。アーリーリリースはパワーが開放されて飛距離が出にくくなります。飛距離が出る人は「自然なタメ」が出来ています。

記事を読む

肩甲骨・股関節の可動域を広げれば、もっと飛ぶ!

肩甲骨・股関節の可動域を広げれば、もっと飛ぶ!

最大のパフォーマンスを発揮させる3つの要素 1.体づくり 2.スイングの効率性 3.ショットの精度の高さ この3つに尽きます...

記事を読む

ゴルフはひじから下の力を抜いたほうが飛ぶ

ゴルフはひじから下の力を抜いたほうが飛ぶ

ゴルフではよく「力を抜いたほうが飛ぶ」と言われます。 といっても、「どこで力を抜くのか」と考えると難しくなります。 肩からぶら下...

記事を読む

ヘッドスピードを上げるにはヘッドを加速させる

ヘッドスピードを上げるにはヘッドを加速させる

飛ばすリズムを体得することによってさらに飛ばすことができます。どのようにしてこのリズムを体得すべきかを分かりやすく伝えています。このリズムを身に付ければ、あなたも年齢や身体能力に関係なく、今より20ヤード以上伸びるでしょう。

記事を読む

スライスをドローボールに変え30ヤード飛距離アップ

スライスをドローボールに変え30ヤード飛距離アップ

30ヤード飛距離がアップすれば、セカンドショットのアイアンも2番手短くなります。ピンをデットに狙うことができ、バーディーのチャンスも増えてきます。『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

記事を読む

トップの捻転エネルギーが飛距離アップ

トップの捻転エネルギーが飛距離アップ

飛距離を伸ばすための「捻転」を感じる練習方法があります。 クラブを使わずにできるので試して下さい。 (1)左手首と右手首をクロス...

記事を読む

ドライバー飛んで、曲がらないボールを打つ

ドライバー飛んで、曲がらないボールを打つ

しっかり飛んで、曲がらないボールが打ちたい! 誰もが目指すショットをあれこれ悩まずに打ててしまう人がたまにいます。 何も意識して...

記事を読む

ダウンブローでアイアンの飛距離アップ

ダウンブローでアイアンの飛距離アップ

アイアンで番手通りに飛ばすためには、 ヘッドスピードを上げることとダウンブローをマスターすることが重要です。 アイアンの飛距離は、イ...

記事を読む

ビハインドザボールで飛距離を伸ばす方法

ビハインドザボールで飛距離を伸ばす方法

ドライバーショットで飛距離の出る人のスイングには共通点があります。 その共通点の中でも重要なのが”ビハインドザボール”です。 ”...

記事を読む

ドライバーの飛距離ロスを知ってもっと飛ばそう!

ドライバーの飛距離ロスを知ってもっと飛ばそう!

ドライバーの飛距離アップを望んでないゴルファーなどいないでしょう。 ですが、多くのゴルファーがなんらかの 「飛距離をロスしている原因...

記事を読む

ドローボールの打ち方

ドローボールの打ち方

ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛...

記事を読む

スポンサーリンク