「 ドローボール 」一覧

ドライバーのスライスを直す方法

ドライバーのスライスを直す方法

右のOBがいつも恐いですし、飛距離がでなくて苦労しました。 右に曲がるのが怖くて、手加減をしてスイングをしていました。 スライス...

記事を読む

スライスをドローボールに~ドロー飛距離アッププログラム~

スライスをドローボールに~ドロー飛距離アッププログラム~

30ヤード飛距離がアップすれば、セカンドショットのアイアンも2番手短くなります。ピンをデットに狙うことができ、バーディーのチャンスも増えてきます。『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

記事を読む

ドローボールでもう一度、240ヤードの飛距離を!

ドローボールでもう一度、240ヤードの飛距離を!

ゴルファーなら誰しも1度は「遠くへ飛ばしたい」という欲望を抱いたことがあると思います。 でも、加齢や体格的な差を言い訳に今の飛距離で妥...

記事を読む

ドローボールの打ち方

ドローボールの打ち方

ドローボールとは回転によってボールが右から左へ大きく曲がるような軌道を描くことであり、ドライバーショットでこのドローボールが打てれば相当な飛...

記事を読む

ドライバーショットからスライスを取り除く~ドローボール・マスタープログラム~

ドライバーショットからスライスを取り除く~ドローボール・マスタープログラム~

スライスしない打ち方のコツを知りたい・・・と思ったら続きを読んでください!あなたのドライバーショットからスライスを取り除き、ティーショットの飛距離を30ヤード以上伸ばすことが期待できます!

記事を読む

ドローボールを打つ右ひじの動かし方

ドローボールを打つ右ひじの動かし方

誰でもできる!ドローボールの打ち方について、紹介したいと思います。 ドローボールをマスターする前に重要なのが、 高いボール低いボールの打...

記事を読む

フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって球筋を打ち分ける必要はありません。 むしろ「常に同じボールを打ち続ける」という方が良いスコアはだ...

記事を読む

正しい体重移動でドライバーの飛距離を伸ばす

正しい体重移動でドライバーの飛距離を伸ばす

ドローボールを打ち飛距離を伸ばす方法 ドライバーで飛距離を伸ばすには必ず、ダウンスイングの体重移動が必要です。 「ダウンスイングの体重移...

記事を読む

スポンサーリンク