「 アプローチ 」一覧

アプローチが簡単になる方法があります

アプローチが簡単になる方法があります

ゴルフは18ホールイーブンで回ると、スコアは72です 当然のことですね。 では、飛距離別で考えるとどうでしょう。 72打の...

記事を読む

50から100ヤードのアプローチでベタピンに寄せる

50から100ヤードのアプローチでベタピンに寄せる

ショートゲームはスコアアップの鍵です。 50ヤード前後の中途半端な距離を苦手としている方は意外に多いですね! アプローチの100...

記事を読む

グリーン周りから寄せワンを増やす方法

グリーン周りから寄せワンを増やす方法

ゴルフが上手い人は、アプローチが上手いです。 グリーンを外しても、寄せワンでスコアをまとめます。 寄せワンを増やせるとゴルフスコ...

記事を読む

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

ピンまで40ヤードの距離を、あなたならどう打ちますか?近すぎてフルショットはできない、転がすにはちょっと遠すぎる。体の回転を使って、適正な振り幅でスイングすることが重要になります。落としどころ重要!

記事を読む

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリ、トップ!素振りは上手くできても、いざボールを目の前にすると、イメージ通りの素振りが再現できずに、ボールの手前で“ざっくり”とダフってしまったり、トップして奥のバンカーに入ったり、バンカーからの脱出に失敗したり、散々な結果を招くことが多いですね。

記事を読む

難しいライからピンに寄せるアプローチのコツ!

難しいライからピンに寄せるアプローチのコツ!

ラウンドでアプローチを成功させるために絶対に必要なことは、ライを充分に確認することです。たとえば、、、・ボールがラフに埋まっているか、沈んでいるか?・ボールのある場所の傾斜は?・ボールの下の芝の長さは?ライによってアプローチの打ち方も狙い場所も変える

記事を読む

アプローチの距離感を磨けば寄せワンを増やせる

アプローチの距離感を磨けば寄せワンを増やせる

素振りでアプローチの距離感を良くする。グリーン周りからはチップインはできなくてもワンピン以内に寄せたいものです。ラウンドでアプローチを打つ前に次の方法で素振りをすると距離感がよくなりますよ。

記事を読む

深いラフからアプローチを成功させるコツ

深いラフからアプローチを成功させるコツ

深いラフからのアプローチを成功させるには、 打ち方よりも状況判断が大切です。深いラフからのアプローチが成功するか失敗するかは打つ前に決まっています。重要なのは「ボールがどれくらい沈んでいるか?」です。大きく分けて3パターンあります。

記事を読む

傾斜からのアプローチを成功させるコツ

傾斜からのアプローチを成功させるコツ

左足上がりの傾斜の攻略法。あなたは「何を注意」してボールを打ちますか?『上り傾斜だから、大きめのクラブを使う!』 これは「正しい考え方」ですが、もう少し注意すべきことがあります。「左足上がりの傾斜」は、「番手を大きくする」だけではスコアを損する可能性があります。

記事を読む

30ヤード以内は寄せワンを狙う距離!

30ヤード以内は寄せワンを狙う距離!

ゴルフが上手い人はアプローチの距離感がいいですね!! アプローチでピンの近くに寄せるのでパット数も少なくなります。 アプローチの...

記事を読む

アプローチが上達しない一番の理由とは?

アプローチが上達しない一番の理由とは?

ドライバーショットは飛ぶけどグリーンに上がってみると皆と一緒! アプローチに問題があるのではないでしょうか? バンカー越えのアプ...

記事を読む

アプローチが上達するにはコツを掴むことです!

アプローチが上達するにはコツを掴むことです!

アプローチが上手い人はボールの寄せ方のコツを掴んでいます。 アプローチのミスが減ると大幅なスコアアップを期待できます。 グリーン...

記事を読む

90を切るための、30ヤードのアプローチ上達法

90を切るための、30ヤードのアプローチ上達法

スコアアップの要、「30ヤードアプローチ」 30ヤードのアプローチは得意ですか? ラウンド時に、30ヤード付近のアプローチをする...

記事を読む

ゴルフアプローチシングル~アプローチ革命~

ゴルフアプローチシングル~アプローチ革命~

球を転がして寄せるランニングアプローチ、通常の高さでのピッチエンドラン、球の高さを出すロブショット、ラフからのショット、アプローチにはさまざまな打ち方があります。どこからでも寄せれる技術を順番に身につけていきましょう。

記事を読む

アプローチ練習8割、ショット練習2割

アプローチ練習8割、ショット練習2割

もし、あなたが90台、80台、70台を安定的に「コンスタント」に出したいなら、やはりアプローチに磨きをかけるしかないです。 ゴルフとい...

記事を読む

スポンサーリンク