「 2018年02月 」一覧

ゴルフスイングを安定させる効果的な練習方法

ゴルフスイングを安定させる効果的な練習方法

素振りの時はものすごく安定して振れているのに、ボールを打つ時には、フラフラになっているなんて場合もあります。このパターンの人もかなり多いです。安定感のない不安定なスイングになるのは、実は間違った体重移動をしている場合が多いのです。

記事を読む

ゴルフの基本をマスターすればアイアンがナイスショットする

ゴルフの基本をマスターすればアイアンがナイスショットする

基本を守らないと、スイングが安定せず飛距離もでないのです。スイングの基本とは・軸がぶれない・スイングプレーンが安定・一定したリズムでスイング・フィニッシュでバランスがとれているなどです。では、どうすれば、良いショットが打てるのでしょうか?

記事を読む

ショートアイアンのひっかけを防ぐにはコツがある!

ショートアイアンのひっかけを防ぐにはコツがある!

ロングアイアンは右に、ショートアイアンは左に飛びやすくなっているのです。じゃあ、どうすれば良いのか?「ショートアイアンでボールをひっかける」を防止する方法があります。なぜショートアイアンはひっかけるのか?ショートアイアンは、ロフトの角度が大きいからです。

記事を読む

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

40ヤードから寄せワンにするアプローチ

ピンまで40ヤードの距離を、あなたならどう打ちますか?近すぎてフルショットはできない、転がすにはちょっと遠すぎる。体の回転を使って、適正な振り幅でスイングすることが重要になります。落としどころ重要!

記事を読む

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリやトップを防止する6つの方法

アプローチのダフリ、トップ!素振りは上手くできても、いざボールを目の前にすると、イメージ通りの素振りが再現できずに、ボールの手前で“ざっくり”とダフってしまったり、トップして奥のバンカーに入ったり、バンカーからの脱出に失敗したり、散々な結果を招くことが多いですね。

記事を読む

どうすれば飛距離を伸ばせるか?厳選4つの方法!

どうすれば飛距離を伸ばせるか?厳選4つの方法!

グリップの力を抜くと、ヘッドが走り高いボールを打てます。飛ばそうとして力がはいると、ヘッドが走らず、低いボールになってしまいます。グリップの力を弱くすることでアイアンもドライバーも飛距離が伸び、アイアンショットは高いボールが打てるようになります。

記事を読む

バンカーショットの基本を習得すれば一発で脱出できる

バンカーショットの基本を習得すれば一発で脱出できる

バンカーにボールが入ると色々なショットが要求されます。あごの高いバンカーショット、ピンが遠いバンカーショット、ピンが近いバンカーショット、目玉のバンカーショット、左足下がりのバンカーショット、、、状況により様々ですね。バンカーショットは簡単に考えた方が良い。

記事を読む

難しいライからピンに寄せるアプローチのコツ!

難しいライからピンに寄せるアプローチのコツ!

ラウンドでアプローチを成功させるために絶対に必要なことは、ライを充分に確認することです。たとえば、、、・ボールがラフに埋まっているか、沈んでいるか?・ボールのある場所の傾斜は?・ボールの下の芝の長さは?ライによってアプローチの打ち方も狙い場所も変える

記事を読む

残り100ヤードを絶対にグリーンに乗せる5つの方法

残り100ヤードを絶対にグリーンに乗せる5つの方法

グリーンまで残り100ヤード、この距離を確実にパーオンできれば、ゴルフは楽しくなり、スコアアップに繋がります。逆に、残り100ヤードからグリーンを外してしまと良いスコアは望めません。とはいえ、闇雲にピンを狙ってばかりでは、、、

記事を読む

アプローチの距離感を磨けば寄せワンを増やせる

アプローチの距離感を磨けば寄せワンを増やせる

素振りでアプローチの距離感を良くする。グリーン周りからはチップインはできなくてもワンピン以内に寄せたいものです。ラウンドでアプローチを打つ前に次の方法で素振りをすると距離感がよくなりますよ。

記事を読む

グリーン奥の左足下がりのアプローチで寄せワンをとる方法

グリーン奥の左足下がりのアプローチで寄せワンをとる方法

左足下がりのアプローチは、ボールの後ろ側の方が高いためダフりやすく、構えた時に体重のほとんどが左足にあるためバックスイングする時に右足に体重が乗せにくい。左足下がりのアプローチのコツを知ればスコアを崩さずにすみます。

記事を読む

アプローチの基本をマスターしてミスを減らそう

アプローチの基本をマスターしてミスを減らそう

どんなアプローチでも、キャリーとランは存在します。グリーンが硬ければ、同じところにボールを落としてもランは多く出ます。逆に、グリーンが軟らかければ、ランはあまり出ません。ランにはバラツキがあるといことです。

記事を読む

絶対に3パットをしないグリーン攻略4つのポイント 

絶対に3パットをしないグリーン攻略4つのポイント 

3パットを減らすにはファーストパットをしっかり寄せる、アプローチでは下りラインを残さず、上りラインを残すことが重要です。アプローチでグリーンを狙うときに、 「ピン位置」「残り距離」「グリーンの傾斜」などをチェック。

記事を読む

片手打ちドリルでグリーン周りのアプローチを成功させる

片手打ちドリルでグリーン周りのアプローチを成功させる

スコアの70%はピンから120y以内で打たれる! だから、アプローチを重点的に練習すべきです。これは、帝王ジャック・ニクラウスの残した...

記事を読む

深いラフからアプローチを成功させるコツ

深いラフからアプローチを成功させるコツ

深いラフからのアプローチを成功させるには、 打ち方よりも状況判断が大切です。深いラフからのアプローチが成功するか失敗するかは打つ前に決まっています。重要なのは「ボールがどれくらい沈んでいるか?」です。大きく分けて3パターンあります。

記事を読む

スポンサーリンク