「 2017年08月 」一覧

フェアウェイウッドの斜面からの打ち方

フェアウェイウッドの斜面からの打ち方

斜面からのショットが苦手です。 特にフェアウェイウッドでトップやチョロになります。 もしあなたも 「フェアウェイウッドを斜...

記事を読む

50ヤードをピタリと寄せる方法

50ヤードをピタリと寄せる方法

あなたも、 50ヤード前後の中途半端な距離を苦手としていませんか? 50ヤード前後を得意になると大幅なスコアアップを期待できます。 ...

記事を読む

右股関節と左肩でドライバー飛距離アップ

右股関節と左肩でドライバー飛距離アップ

ドライバーの飛距離がでるとセカンドショットで短いクラブを使えます。 バーディーを狙えるようなゴルフがしたいですよね? テークバッ...

記事を読む

アプローチは転がす、上げる、どっちが得意?

アプローチは転がす、上げる、どっちが得意?

アプローチは転がす、上げる、どっちが得意? アプローチには複数の打ち方あります。 大きくわけて3つ。 ランニングアプローチ...

記事を読む

ドライバーでテンプラとチーピンの直し方

ドライバーでテンプラとチーピンの直し方

ドライバーショットの悩みで一番多いのは「スライス」「フック」「テンプラ」「チーピン」でしょうか。 今日は「テンプラ」「チーピン」の原因...

記事を読む

アプローチのキャリーとランの比率

アプローチのキャリーとランの比率

どうすればアプローチの距離感があうのか? アプローチの距離感がよくなると大幅なスコアアップを期待できます。 アプローチは自分の基...

記事を読む

寄せワンが取れるアプローチ

寄せワンが取れるアプローチ

ゴルフが上手い人はグリーンを外しても寄せワンでパーをとります。 寄せワンをとるにはワンパット圏内に寄せる距離感が大切です。 寄せワン...

記事を読む

寄せワンを狙う30ヤードのアプローチの打ち方

寄せワンを狙う30ヤードのアプローチの打ち方

アプローチショットは実はかなりたくさんの技術や、引き出しの多さが求められる場面でもあります。それだけにゴルファーを悩ませる壁となりますが、コツを知ることで上達が早くなったり、次のラウンドでも練習の結果が直ぐに現れるかもしれません。

記事を読む

アイアンのトップやひっかけを防ぐ方法

アイアンのトップやひっかけを防ぐ方法

どうすればアイアンのトップを直せるのか? アイアンがトップしてまったくボールが上がりません。 アイアンのトップは何とかしたい! あなた...

記事を読む

左肩リード理論スライド・ターンで飛距離を伸ばす方法

左肩リード理論スライド・ターンで飛距離を伸ばす方法

今年は100を切る!90を切る! などとスコアをベースにした目標をたてられた方が多いのではないでしょうか? もう少し細分化して、...

記事を読む

私のゴルフ練習メニュー

私のゴルフ練習メニュー

日々、自分に合ったスイングを発見するために試行錯誤している状況です。年齢を重ねると共に筋力が衰えるのでスイングも変化します。 最近、飛...

記事を読む

ダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らす~アルティメットアプローチ~

ダフリ、トップ、シャンク!ミスを減らす~アルティメットアプローチ~

「ダフリ」「トップ」「シャンク」これはアマチュアの3大疾患と言われています。もしダフリもトップも出ない打ち方があったら、あなたは知りたいですか?もしダフってもトップしてもピンに寄っていく打ち方があれば・・・

記事を読む

40代からの激芯アイアンマスター

40代からの激芯アイアンマスター

アイアンショットで絶対にマスターしたいのが、腕や手の正しい動かし方です。手首のコッキングや、右腕の使い方、バックスイングの要点、左腕の役割など細解説していきます。アイアンが苦手な方、パーオンさせるアイアンを身に付けたい方にお勧めです。

記事を読む

7番アイアンをダウンブローに打ちゴルフを上達する方法

7番アイアンをダウンブローに打ちゴルフを上達する方法

アイアンのミスショットが多いのは辛いですね。 コースで、これから120ヤードの セカンドショットを打ちます。 この距離ならピン...

記事を読む

体力的なパワーは不要~ドライバー飛距離アップの真髄~

体力的なパワーは不要~ドライバー飛距離アップの真髄~

ゴルフをされている方で、ゴルフの悩みが無い方はいらっしゃらないと思います。 その悩みの中でもっとも大きいものはアマチュアゴルファーであ...

記事を読む

スポンサーリンク