「 2016年06月 」一覧

175ヤードをワンオンするあなたのクラブ選び

175ヤードをワンオンするあなたのクラブ選び

ある調査ではアマチュアゴルファーが175ヤードの距離からグリーンを狙った場合、ワンオン率が一番高かったのはユーティリティーだったそうです。ユーティリティーを難しいロングアイアンの代わりに使うとワンオン率が向上します。

記事を読む

30ヤード以内のアプローチを安定させる方法

30ヤード以内のアプローチを安定させる方法

30ヤード以内のアプローチが安定すると距離感が良くなり、 寄せワンが増えてスコアがよくなります。 30ヤード以内のアプローチを安定さ...

記事を読む

左の肩を深く回して飛距離を伸ばす方法

左の肩を深く回して飛距離を伸ばす方法

左の肩を深く回せば、右の方は高く上がる、ゴルフの飛距離は肩の回転により産まれます。肩の回転が不足している飛ばし屋はいません。ちょっとした工夫をしただけで肩の回転が深くなり、ドライバーの飛距離が20ヤード伸びアイアンの飛距離も1番手伸びます。

記事を読む

小柄な私でも飛距離が出せます

小柄な私でも飛距離が出せます

どうすれば飛距離を伸ばせるのか?ゴルファーなら誰もが思うことです。小柄な女子プロやジュニアゴルファーでも飛距離がでる選手は多いです。体が小さくても飛ばすにはどうしたら良いのでしょうか?

記事を読む

寄せワンを増やしショートゲームを極める

寄せワンを増やしショートゲームを極める

スコアを良くする近道はショートゲームを極めることです。 ゴルフが上手な人はグリーンを外しても寄せワンがとれます。 寄せワンがとれ...

記事を読む

フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって球筋を打ち分ける必要はありません。 むしろ「常に同じボールを打ち続ける」という方が良いスコアはだ...

記事を読む

ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法

ゴルフスイングのテンポが良くなる練習方法

テンポが良くなる練習方法を実践すれば、 良いテンポのスイングは再現性が高くなります。テンポを最適にするだけなので スイングの変更も必要ありません。芯で打てる確率が高まり飛距離アップの効果も高いです。ゴルフはコツがわかれば短期間にスコアが良くなります!

記事を読む

アプローチのザックリが減るウェッジの選び方

アプローチのザックリが減るウェッジの選び方

アプローチのザックリを減らしたい! アプローチのザックリを直す方法は色々あります。 ウェッジの選び方一つでザックリが減らせます。...

記事を読む

スポンサーリンク