「 パター練習法 」一覧

素振りをしないでパッティングしてみる!

素振りをしないでパッティングしてみる!

パッティングの前に素振りをしないゴルフアーはめったにいない。 たしかに、素振りはタッチを出すためにはきわめて有効だが、間題は、その素り...

記事を読む

パターのストローク「真っ直ぐ引く」か「インに引く」?

パターのストローク「真っ直ぐ引く」か「インに引く」?

パターのストロークの軌道! 「真っ直ぐ引く」か「インに引く」か、 パッティングにおけるストロークの軌道については、 さまざまな説...

記事を読む

パターは自分に合ったストロークタイプで選ぶ

パターは自分に合ったストロークタイプで選ぶ

みなさんは、自分に適したパターをどんな基準で選んでいますか? 自分に合ったパターを選ぶのは大変なことです。 パター選びのポイント...

記事を読む

どんなパットでも「入る」とイメージする!

どんなパットでも「入る」とイメージする!

なかでも心の持ちようにもっとも大きく左右されるのがパッティングである。 プロでもアマでも、 優勝やベ ストスコアの更新がかかったパット...

記事を読む

グリーンの傾斜は4方向から読めば距離感が合わせやすい

グリーンの傾斜は4方向から読めば距離感が合わせやすい

グリーンに向かう時に全体傾斜を読みグリーン上では4方向から読みましょう。 グリーンの読み方を間違えていたのでは正しくストロークできても...

記事を読む

パッティングの基本フォームの作り方

パッティングの基本フォームの作り方

「パットに型なし」 といわれるが、 初心者はまず、 基本フ ームを身につけなけれはならない。 そのポイントが、 両肩、 両ヒジで作る...

記事を読む

パッティングは構え方、打ち方、握り方が重要

パッティングは構え方、打ち方、握り方が重要

パッティング上達の方法は、極めて簡単です。 狙ったところにボールを転かすたけです。 方法は2つ。 ひとつは、スイングを磨く...

記事を読む

パッティングはコツが分かれば簡単に上達

パッティングはコツが分かれば簡単に上達

パッティングは、スコアを縮めるための最適なショットです。 パット数がスコアに占める割合は非常に多く、 3パットを無くせば、スコア...

記事を読む

パターのラインは仮想カップを想定して決める

パターのラインは仮想カップを想定して決める

パターの調子が良いとラウンド全体のリズムが良くなり、 スコアが良くなります。 パターのグリップやリズムなどは人それぞれで良いので...

記事を読む

パターが上達するテンポ(振り子のリズム)の作り方

パターが上達するテンポ(振り子のリズム)の作り方

パターをパチンと打ってしまい、大オーバー!! あなたもこんな経験ありなせんか? パターで多いミスは「打ち急ぎ」です。 パタ...

記事を読む

パターのストロークを安定させる打ち方

パターのストロークを安定させる打ち方

緊張する大事なパットで、インパクトでパンチが入り、 大オーバーしたり、逆にオーバーが怖くなり、 インパクトで緩みショートした経験...

記事を読む

パットの芯で打ち距離感をあわせる練習法

パットの芯で打ち距離感をあわせる練習法

もっとも簡単に、 素早くあなたのゴルフスコアをアップする方法は、パット数を減らすことです。 パット数を減らすにはパットの距離感を...

記事を読む

必ず打ってしまう3パット撲滅方法

必ず打ってしまう3パット撲滅方法

自分がやってしまうミスを減らせばスコアは必ずよくなります。 ゴルフは如何にミスを減らすスポーツです。 ラウンド後にスコアカードを...

記事を読む

ロングパットの距離感とグリーンの芝目を読む方法

ロングパットの距離感とグリーンの芝目を読む方法

ロングパットは練習する機会も少なく、苦手なゴルファーも多いのでは…。 ラウンド中はアプローチがピンに寄らず、ロングパットを残す場面は幾...

記事を読む

パターヘッドの動きが変わるパッティングの間違い

パターヘッドの動きが変わるパッティングの間違い

パットを打った後に、頭が左に動く人がいます。 頭が動くということは、 パターヘッドの動きが毎回変わってしまうので、 パット...

記事を読む

スポンサーリンク