「 パター練習法 」一覧

3パットを減らすグリーンの傾斜の読み方

3パットを減らすグリーンの傾斜の読み方

ファーストパットで距離感が合わず、 カップに寄らないと3パットが増えてしまいます。 距離感が合わないのは打ち方に問題があるのではなく...

記事を読む

ロングパットの距離感を10球で養う方法

ロングパットの距離感を10球で養う方法

グリーンの外のカラー、短めのラフから パットを打つときは、強めに打とうとしてしまいます? グリーンに乗っている場合でも、 ロングパ...

記事を読む

パターの距離感、右手1本で養う方法

パターの距離感、右手1本で養う方法

パターは、ドライバーやアイアンと比較して、 初心者でも手軽に打つことができるショットです。 しかし距離感を合わせることが難しく、 ...

記事を読む

パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす

パターの距離感と方向性を養い3パットを減らす

「3パットが多い」とお悩みなら、、、 ロングパットの距離感を磨くことで スコアが大幅に良くなる可能性が高いです。 3パットが多...

記事を読む

狙った方向に正確なパットの打ち方、距離感の作り方

狙った方向に正確なパットの打ち方、距離感の作り方

もしあなたが、「3パットが多い」と悩んでいるならアプローチを練習するのも良い方法です。3パットの1番の要因は、「ファーストパットの距離が長いから」です。アプローチでピンに近づければ、3パットを減らせてスコアが良くなります。

記事を読む

パターは入れる?寄せる?これこそパター!

パターは入れる?寄せる?これこそパター!

あなたは、パターを打つ時、何を考えて打っていますか? 正しくストロークできるようにって考えていますか? これは大事ですね、練習通...

記事を読む

パターのフェイスの向き

パターのフェイスの向き

正しいフェイスの向き パッティングで、もっとも大切なこと。 それは、パターのヘッド(フェイスの向き) を 打ち出したい方向に対...

記事を読む

グリーンの傾斜が読めればスコアアップ期待

グリーンの傾斜が読めればスコアアップ期待

グリーンの傾斜が読めればゴルフは楽しくなる。フックかスライスかわからない。 上りか下りかわからない。時間をかけずにグリーンの傾斜を読みたいですよね?グリーンの傾斜を正確に読めると3パットが減り大幅なスコアアップを期待できます。

記事を読む

3パットを減らすグリーンの狙い方

3パットを減らすグリーンの狙い方

3パットを減らすにはアプローチでグリーンを狙うときからグリーン全体の傾斜を把握してから攻め方を決めます。ショートゲームはスコアのカギを握っています。

記事を読む

カップを43センチオーバーさせるスピードがカップイン

カップを43センチオーバーさせるスピードがカップイン

カップインさせる最適のスピード? ゴルフの格言で有名なものといえば、「Never up Never in」。 「カップに届かない...

記事を読む

ショートパットが上達する練習方法

ショートパットが上達する練習方法

ゴルフの上手い人は、ショートパットが上手いです。 練習量が多い、ラウンド量が多いということもあるが、ショートパットを上達するにはコツが...

記事を読む

パットのフォロースルーでヘッドを低くだす

パットのフォロースルーでヘッドを低くだす

ヘッドが低く出れば、フェースとボールの接触時間が長くなり、方向性が格段によくなり、狙ったところへ打ち出せます。 狙ったところや、思い描...

記事を読む

パターの選び方これがホント!

パターの選び方これがホント!

道具を知り、己を知る、まずはそこから始めよう。 必ず自分にぴったりのパターが見つけられるはずです。 パターを選ぶとき、大半の方は...

記事を読む

ショートパットが得意になる方法

ショートパットが得意になる方法

ゴルフの上手いプレーヤーはショートパットが上手いです。 ショートパットが上手いのはラウンド経験が豊富ということもありますが、ショートパ...

記事を読む

パッティングは打つのではなく、転がすイメージを持て

パッティングは打つのではなく、転がすイメージを持て

パッティングでボールを転がすことを何といいますか? おそらく「ボールを打つ」「パットを打つ」「パターで打つ」のように「打つ」という人が多い...

記事を読む

スポンサーリンク