「 パター練習法 」一覧

パッティングはコツが分かれば簡単に上達

パッティングはコツが分かれば簡単に上達

パッティングは闇雲に練習時間を増やしてもうまくなりません。「バッティングに形なし」と言われますが、それは正しくありません。パッティングにも、上手くなるための形 (コッ) があります 。

記事を読む

10打縮まるパッティングの基本の打ち方と構え方

10打縮まるパッティングの基本の打ち方と構え方

パッティングの正しい打ち方と打ち方を知るとパットの上達が早くなります。 狙った方向にパットを打てるようになります。 パッティング...

記事を読む

パットの距離感を養い、あなたのスコアをアップする方法

パットの距離感を養い、あなたのスコアをアップする方法

殆どのアマチュアは、 パットの練習量が不足しています。 だから、独学だろうが、プロに習おうがあなたが パットの練習量を増や...

記事を読む

絶対に3パットをしないグリーン攻略4つのポイント 

絶対に3パットをしないグリーン攻略4つのポイント 

3パットを減らすにはファーストパットをしっかり寄せる、アプローチでは下りラインを残さず、上りラインを残すことが重要です。アプローチでグリーンを狙うときに、 「ピン位置」「残り距離」「グリーンの傾斜」などをチェック。

記事を読む

ショートパットをミスしてしまう原因のトップ5

ショートパットをミスしてしまう原因のトップ5

あなたは、 『入れたい』と思っているショートパットに限って ミスしてしまうことがありませんか? ショートパットをミスしてし...

記事を読む

3パットを減らせばプレーのリズムが良くなる!

3パットを減らせばプレーのリズムが良くなる!

3パットの1番の要因は、 ファーストパットの距離が長いからです。 アプローチでピンに近づければ 3パットを減らせてスコアが良くなり...

記事を読む

自宅でできるパッティング練習ドリル

自宅でできるパッティング練習ドリル

ハンディキャップ15のゴルファーが、 1.2mのパットを入れる確率は70%以下と言われています。 つまり、4回に1回は外します。...

記事を読む

3回の素振りでパットの距離感を掴む

3回の素振りでパットの距離感を掴む

スコアアップにパットの距離感が大切! パットの距離感を良くするには、 3回素振りでパットの距離感が掴めるをご紹介します。 ...

記事を読む

入った”ではなく狙って”入れる”パッティング

入った”ではなく狙って”入れる”パッティング

あなたの、パッティング数を確実に減らし、ベストスコアを狙えるようになる、パッティング上達の秘訣を知りたくありませんか? パッティングの...

記事を読む

90を切るための3パット撲滅法

90を切るための3パット撲滅法

力んでオーバー、慎重にいくとショート・・・ 距離感が掴めず2回に1回は3パット・・・ フック?スライス?ラインの読みが当たらない...

記事を読む

グリーンの傾斜を正確に読めば3パットが必ず減らせる

グリーンの傾斜を正確に読めば3パットが必ず減らせる

パットはゴルフスコアの4割をしめる! もし3パットが多いならパットが決まればスコアアップ間違い無しです。 ゴルフが上手いと言われ...

記事を読む

パッティングの始動のきっかけ

パッティングの始動のきっかけ

■フォワードプレスの利点とは ゴルフが難しいのは、「止まっているボールを打つ」ゲームだから、とよくいわれます。ボールが止まっていると、...

記事を読む

3パットを減らすグリーンの傾斜の読み方

3パットを減らすグリーンの傾斜の読み方

ファーストパットで距離感が合わず、 カップに寄らないと3パットが増えてしまいます。 距離感が合わないのは打ち方に問題があるのではなく...

記事を読む

パターの距離感、右手1本で養う方法

パターの距離感、右手1本で養う方法

パターは、ドライバーやアイアンと比較して、 初心者でも手軽に打つことができるショットです。 しかし距離感を合わせることが難しく、 ...

記事を読む

狙った方向に正確なパットの打ち方、距離感の作り方

狙った方向に正確なパットの打ち方、距離感の作り方

もしあなたが、「3パットが多い」と悩んでいるならアプローチを練習するのも良い方法です。3パットの1番の要因は、「ファーストパットの距離が長いから」です。アプローチでピンに近づければ、3パットを減らせてスコアが良くなります。

記事を読む

スポンサーリンク