「 ドライバーを極める 」一覧

ドライバーでもう30Y飛ばす必殺技とは?

ドライバーでもう30Y飛ばす必殺技とは?

ドライバーの飛距離に伸びやむアマゴルファー に、必殺技をお伝えします。 社会人になってからそれなりの年月が経ちますが、 ドライバー...

記事を読む

ヘッドスピードを上げるにはヘッドを加速させる

ヘッドスピードを上げるにはヘッドを加速させる

飛ばすリズムを体得することによってさらに飛ばすことができます。どのようにしてこのリズムを体得すべきかを分かりやすく伝えています。このリズムを身に付ければ、あなたも年齢や身体能力に関係なく、今より20ヤード以上伸びるでしょう。

記事を読む

スライスをドローボールに変え30ヤード飛距離アップ

スライスをドローボールに変え30ヤード飛距離アップ

30ヤード飛距離がアップすれば、セカンドショットのアイアンも2番手短くなります。ピンをデットに狙うことができ、バーディーのチャンスも増えてきます。『年齢』や『筋力』、『体格』などを理由に飛距離を諦めることは一切ありません!

記事を読む

体重移動の少ない一軸スイングが正確性と飛距離アップ

体重移動の少ない一軸スイングが正確性と飛距離アップ

身長161㎝、体重は52㎏!と、女性並みの体形。にも関わらず、ドライバーは270ヤードと大柄なプロの中でも対等に渡り合える飛距離です。その飛距離を実現し、安定したスコアを出すのが、リズムシンクロ打法です。

記事を読む

体が硬くても、体が回らなくても飛ばせる

体が硬くても、体が回らなくても飛ばせる

カンタン飛距離アップ法 スイングはたったの2秒。アレもコレもと考えいるヒマはありません。グリップが出来れば、スイングのポイントはたったの3つ。今でも試合で250ヤード以上かっ飛ばす「大古プロの飛ばしの奥義」!

記事を読む

1軸左肩打法でヘッドを走らせ飛距離アップ

1軸左肩打法でヘッドを走らせ飛距離アップ

1軸左肩打法でスイングできれば、 スイング軌道が安定し、 ヘッドが走ってヘッドスピードがあがり、 インパクトで力がボールに伝わり、...

記事を読む

自己流スイングには上達への限界がある!

自己流スイングには上達への限界がある!

ゴルフというのは、ゴルファーの数だけ理論があるとも言われています。ゴルファーはそれぞれ体格も筋肉も異なるため、必ずどこかで行き詰まってしまうことがほとんどです。

記事を読む

左肩リードのスライド・ターンで飛距離を伸ばす方法

左肩リードのスライド・ターンで飛距離を伸ばす方法

今年は100を切る!90を切る! などとスコアをベースにした目標をたてられた方が多いのではないでしょうか? もう少し細分化して、...

記事を読む

前傾角、中心軸を安定させればヘッドが加速する

前傾角、中心軸を安定させればヘッドが加速する

前傾角、中心軸の流れが発生しないようにすると加速のスピードが上がります。それは、体は中心に残ろうとする動きと、ヘッドは前方に動こうとする動きで体とクラブヘッドが引っ張り合う形になります・・・

記事を読む

ドライバーの飛距離アップに体力的なパワーは不要

ドライバーの飛距離アップに体力的なパワーは不要

ゴルフをされている方で、ゴルフの悩みが無い方はいらっしゃらないと思います。 その悩みの中でもっとも大きいものはアマチュアゴルファーであ...

記事を読む

スイングアークをコンパクトにしてクラブヘッドを加速

スイングアークをコンパクトにしてクラブヘッドを加速

ゴルフのスイングなんて、自分に合ったものを取り入れればよいのです。 他のスポーツとゴルフが大きく異なる点は、 プロスポーツ・プレ...

記事を読む

飛距離アップにはズバリ、ドローボールを打つ

飛距離アップにはズバリ、ドローボールを打つ

スライスしない打ち方のコツを知りたい・・・ と思ったら続きを読んでください! あなたのドライバーショットからスライスを取り除き、 ティ...

記事を読む