「 アプローチ練習法 」一覧

どうすればアプローチのミスを減らせるのか?

どうすればアプローチのミスを減らせるのか?

グリーン周りのアプローチが苦手、ダフリが多いと悩んでいるのであればオススメの解決方法があります。アプローチのミスを減らすにはちょっとしたコツがあります。アプローチのミスを減らす効果の高い方法をご紹介します。

記事を読む

ショートゲーム攻略がゴルフ上達への近道

ショートゲーム攻略がゴルフ上達への近道

ゴルフが上手い人はアプローチが上手いです。 アプローチが上手い人は30~50ヤード以内の寄せワンが多いです。 短いアプローチの寄...

記事を読む

アプローチ80ヤード以内の距離を打ち分ける方法

アプローチ80ヤード以内の距離を打ち分ける方法

どうすれば80ヤード以内の距離を打ち分けられるのか? 80ヤード以内のショットがピンを刺せばスコアは格段に伸びます。 私は75ヤ...

記事を読む

アプローチではSWとAWどちらがピンに寄る?

アプローチではSWとAWどちらがピンに寄る?

ゴルフが上手い人はアプローチに使う得意クラブがあります。 アプローチの打ち方を簡単にするには「アプローチで得意なクラブを1本作る」とい...

記事を読む

アプローチの方向性をアップする練習方法

アプローチの方向性をアップする練習方法

アプローチが成功すれば、グリーンを外してもスコアが崩れません。 寄せワンでパーが取れます。 アプローチが上手い人は、ラウンド回数...

記事を読む

アプローチが簡単になる方法があります

アプローチが簡単になる方法があります

ゴルフは18ホールイーブンで回ると、スコアは72です 当然のことですね。 では、飛距離別で考えるとどうでしょう。 72打の...

記事を読む

苦手なグリーン周りのアプローチを克服!

苦手なグリーン周りのアプローチを克服!

グリーン周りのアプローチが苦手という人が多いようです。トップしたりザックリしたりのミスショットが出やすいだけでなく、距離感が合わないことが多いでしょう。よく見かけるシーンが、「ナイス」と言われるぐらいきれいに打ったのに、ピンまで距離が残るケースです。なぜでしょうか?

記事を読む

30ヤード以内のアプローチが上手くなる簡単な方法

30ヤード以内のアプローチが上手くなる簡単な方法

今日、知り合いと一緒にラウンドをしてきました。 ゴルフが上手い人はショートゲームが上手いです。 特に30ヤード以内のアプローチで...

記事を読む

スタート前のアプローチの練習方法

スタート前のアプローチの練習方法

スタート前にパターでグリーンの転がりを確認するように、アプローチもフィーリングと距離感をスタート前に確認しておくと結果に差が出ます。スタート前に次のアプローチの練習をしてはいかがでしょうか?

記事を読む

50から100ヤードのアプローチでベタピンに寄せる

50から100ヤードのアプローチでベタピンに寄せる

ショートゲームはスコアアップの鍵です。 50ヤード前後の中途半端な距離を苦手としている方は意外に多いですね! アプローチの100...

記事を読む

グリーン周りから寄せワンを増やす方法

グリーン周りから寄せワンを増やす方法

ゴルフが上手い人は、アプローチが上手いです。 グリーンを外しても、寄せワンでスコアをまとめます。 寄せワンを増やせるとゴルフスコ...

記事を読む

難しいライからピンに寄せるアプローチのコツ!

難しいライからピンに寄せるアプローチのコツ!

ラウンドでアプローチを成功させるために絶対に必要なことは、ライを充分に確認することです。たとえば、、、・ボールがラフに埋まっているか、沈んでいるか?・ボールのある場所の傾斜は?・ボールの下の芝の長さは?ライによってアプローチの打ち方も狙い場所も変える

記事を読む

残り100ヤードを絶対にグリーンに乗せる5つの方法

残り100ヤードを絶対にグリーンに乗せる5つの方法

グリーンまで残り100ヤード、この距離を確実にパーオンできれば、ゴルフは楽しくなり、スコアアップに繋がります。逆に、残り100ヤードからグリーンを外してしまと良いスコアは望めません。とはいえ、闇雲にピンを狙ってばかりでは、、、

記事を読む

アプローチの距離感を磨けば寄せワンを増やせる

アプローチの距離感を磨けば寄せワンを増やせる

素振りでアプローチの距離感を良くする。グリーン周りからはチップインはできなくてもワンピン以内に寄せたいものです。ラウンドでアプローチを打つ前に次の方法で素振りをすると距離感がよくなりますよ。

記事を読む

グリーン奥の左足下がりのアプローチで寄せワンをとる方法

グリーン奥の左足下がりのアプローチで寄せワンをとる方法

左足下がりのアプローチは、ボールの後ろ側の方が高いためダフりやすく、構えた時に体重のほとんどが左足にあるためバックスイングする時に右足に体重が乗せにくい。左足下がりのアプローチのコツを知ればスコアを崩さずにすみます。

記事を読む

スポンサーリンク