ドライバースイングでスライスを直す方法

どうすればスライスは直るのか?

もしあなたがスライスに悩んでいるなら
今日の記事が参考になるでしょう。

スライスって辛いですよね。
私もゴルフをはじめた頃はスライスに悩みました。

スライスは飛距離が落ちますし
OBになりやすいです。

スライスを直せば、、、

・飛距離が伸びます
・ショットが安定してOBが減ります
・良いスコアでラウンドできます

スライスを直すには幾つかの方法がありますが
プロが実践している方法を紹介します。

テークバックで外側にクラブを上げていく

クラブを外に上げる事で

ダウンでインからクラブが下りやすくなる。

ボールをつかまえるために必要なことは

体を閉じることなのです。

クラブがアウトから下りてくると体は開きます。

インからクラブを下ろすことで、

体が閉じたままインパクトできるのです。

テークバックで、

飛球線ラインより外にクラブを上げていきます。

こうすることで、

トップでできた右ワキの下の空間にクラブを下ろせ、

インからインパクトできるようになるのです。

渡邉彩香のドライバースイングが参考になります。

トップから左足内側を軸にスイングする

左サイドに体重を移すことで

クラブはインから入ってくるようになる。

ボールをつかまえるために必要なことの

ひとつに左足への体重移動があります。

ここで大事なのは左足内側で体重を支えること。

左足内側で体重を支えることで、

その左足が軸になりそこを中心に上体を回せば、

体の右サイドに大きい空間が空きます。

その空間にクラブを下ろすことで、

インサイドからインパクトでき、つかまるのです。

トップで顔を右に向けそのまま振る

顔を右に向けることで上体が回りやすく、

そのままインから下ろしやすい。

ボールをつかまえるためには大きな捻転が必要。

少し顔を右を向くように回しながらテークバックするといい。

トップで右に顔を向けた状態のまま

フォローまで振り出すと、体は開かずに

インサイドアウトの軌道が作れ、

つかまった球になるのです。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク