ゴルフスイングの軸移動をやめればスイングが安定!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーショットが安定しない、、、

もしあなたが、こんな悩みを持っているなら!

ドライバーショットが安定しないと良いスコアでラウンドするのは難しい。

ドライバーが安定するとパーオンを狙えるショットが期待できます。

軸移動をやめてドライバーショットを安定させる

現在の欧米でのスイング理論は軸の移動をあまりしない選手が多いです。

これはボールやクラブの進化によりパーシモン時代の軸の移動を積極的に行うスイング理論から変化したから、というのが一番の理由なのでしょう。

(1)軸移動でショットが不安定になる

アマチュアの9割は軸移動を意識しすぎでスイングが不安定になっています。

バックスイングで右に軸を移動し過ぎです。

バックスイングで右に軸が大きく移動するとダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングがとても難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば芯で打てる可能性が高まります。

しかし、1ラウンドを通して安定したショットを打つのはプロでも難しいです。

アイアンショットも軸の移動は問題があります。

バックスイングで右に大きく軸が移動するとスイングの最下点が右に移動します。

すると、ダフリやチョロになりやすくなります。

アイアンで正確なショットを打つためにもバックスイングで過度な軸移動は危険です。

ドライバーショットを安定させる方法

(1)右足の角度をキープ

飛ばそうとして、体を左右に動かしすぎてはダメです。

バックスイングで右膝が右に流れないようにしましょう。

アドレスからインパクトまで「右膝が正面を向いた状態」を保ちます。

するとスイングが安定します。

軸がぶれないので飛距離が伸びます。

ショットが安定します。

右足の内側で体重をうけるイメージです。

外側に体重がのったら動きすぎです。

バックスイングで右足と地面の角度を変えないために下半身のトレーニングをするプロも多いです。

(2)肩を充分にまわす

バックスイング時の「捻転」を大きくすると飛距離がアップします。

ジェイソン・デイ選手の捻転は世界最高です。

「捻転」とはバックスイング時の、
「肩の回転」と「腰の回転」の『差』です。

捻転を大きくするにはいくつか方法があります。

・肩の力をぬく
・ゆっくりとバックスイングをする
・右肩を後ろに引く

右肩を後ろに引くといつもより深く捻転できます。

「肩甲骨を背骨に近づける」というイメージが良いかもしれません。

右足の踏ん張りが大切です。

捻転の大きさが1cm、2cm変わるだけで飛距離はのびます。

是非、試してください。