ドライバーは加速しながらインパクトする

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インパクト時に最大のヘッドスピードを作ることができれば、自分の100%の力を
ボールに伝えることができます。

100%の力をボールに伝えると飛距離は格段に飛ばせます。

恐らく、あなたの周りに、

●練習しないけど飛距離が出る
●それほど体格が良くないが飛距離が出る

人を見かけませんか?

インパクト時に最大のヘッドスピードを出すには、トップのポジションからダウンスイング始動後、クラブヘッドは少しずつ加速していけるのが理想です。

ダウンスイング始動後すぐに加速するのは絶対にいけません!

ダウンスイング始動後すぐに加速してしまうと、インパクト前に最大のヘッドスピードを
迎えてしまいやすくなります。

ダウンスイング始動後すぐに加速するとインパクトでヘッドスピードが失速しがちです。

トップのポジションから少しずつスイングのスピードをアップさせていき、インパクトに向けて少しずつ加速するのが理想です。

次に、インパクトからフォローまで最大のヘッドスピードを維持するには、トップのポジションからフォロースルーまで両肩の回転を止めないことが非常に重要になります。

インパクト時に最大のヘッドスピードを出すには、トップから徐々にスイングを加速させます。女子プロが小柄でも飛ぶのは加速しながらインパクトをしているからです。

加速しながらインパクトするドライバーの打ち方

(1)インパクトで減速してはダメ

インパクトで減速をしていないかチェックします。

ドライバーをいつもどおりにスイングします。

「ビュン」という音がインパクトの後に聞こえたら加速しながらインパクトができています。

「ビュン」という音がインパクトの前に聞こえたらインパクト前にスピードのピークを迎えています。

減速しながらインパクトをしているので飛距離を大きくロスしています。

(2)インパクトで加速するスイング

バックスイングはハーフスイングの位置まで、フォローを大きくとります。

加速しながらボールを捉えやすくなります。

一般的にスイングはトップとフォローの高さが同じが良いと言われています。

ただ、、、

自分ではそのつもりでもバックスイングが大きく、フォローが小さいケースは多いです。

飛ばそうという意識が強いとバックスイングが早くなります。

バックスイングが早いとバックスイングが大きく、フォローが小さくなりやすいです。

フォローが大きいと飛距離が出やすいです。

どうすればコンパクトなトップで、大きなフォローのスイングができるのか?

ハーフスイング、スリークォーターの小さなスイングをしてみてください。

そのときのトップの位置が調度良いというケースが多いです。

(3)フォローはフルスイングの位置

ハーフスイング、スリークォーターの小さなスイングでコンパクトなトップを作ります。

●トップの位置はハーフスイングの位置
●フォローの位置はフルスイングの位置

このようにするとコンパクトなトップで大きなフォローを作れます。

プロのスイングを観るとトップとフォローの高さが同じです。

ですが、自分では高さが同じつもりでもバックスイングが大きく、フォローが小さいケースは多いです。

コンパクトなトップ、大きなフォローのスイングは、結果として、トップとフォローが同じ大きさのバランスの良いスイングになります。

このスイングを身に付ければ、インパクトで加速する飛距離が出るドライバーになります。

では、どうすれば、もっと飛距離をのばせるのか?

ヘッドを走らせる練習ドリル

(1)左足の内側で体重を受け止める

飛ばない人はフィニッシュで体重が右に残りがちです。

ドライバーを飛ばそうとするとアッパー軌道の強いスイングになりやすいです。

アッパー軌道の強いスイングは右に体重が残りやすいです。

飛ばす人はフィニッシュでしっかりと左に体重がのっています。

インパクトからフォローで左足の内側で体重を受け止めるとヘッドが走り飛距離がアップします。

(2)ドライバーでハーフスイングの素振り

このドリルではドライバーを使います。
ボールは打ちません。

動きの小さいハーフスイングを行うことで体の動きに集中できます。

ボールを打たないため体の動きに集中できます。

(3)トップで右足、フィニッシュで左足

トップでは右足一本で立ちます。
左足は軽く浮かせます。

フィニッシュでは左足一本で立ちます。
右足は軽く浮かせます。

ハーフスイングでトップとフィニッシュを交互に繰り返します。

自然と「左足に踏み込む動き」を体感できてフィニッシュで右に体重が残る動きを防止できます。

左足に踏み込んでスイングができればヘッドが走り飛距離がアップします。

ヘッドを加速させればヘッドを走らせることができます。

ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージ!

大幅なスコアアップを期待できますよ。

参考になれば幸いです。