ドライバーは加速しながらインパクトする






軽く振っても飛距離が出た!

軽く振ったスイングはヘッドが走ります。

インパクトでクラブヘッドが加速しながら
ボールをとらえるので飛距離がでます。

女子プロが小柄でも飛ぶのは
加速しながらインパクトをしているから。

加速しながらインパクトするドライバーの打ち方

(1)インパクトで減速してはダメ

インパクトで減速をしていないかチェックします。

ドライバーをいつもどおりにスイングします。

「ビュン」という音がインパクトの後に
聞こえたら加速しながらインパクトができています。

「ビュン」という音がインパクトの前に
聞こえたらインパクト前にスピードのピークを迎えています。

減速しながらインパクトをしているので
飛距離を大きくロスしています。

(2)インパクトで加速するスイング

バックスイングはハーフスイングの位置まで、
フォローを大きくとります。

加速しながらボールを捉えやすくなります。

一般的にスイングはトップとフォローの高さが
同じが良いと言われています。

ただ、、、

自分ではそのつもりでもバックスイングが
大きく、フォローが小さいケースは多いです。

飛ばそうという意識が強いと
バックスイングが早くなります。

バックスイングが早いとバックスイングが
大きく、フォローが小さくなりやすいです。

フォローが大きいと飛距離が出やすいです。

どうすればコンパクトなトップで、
大きなフォローのスイングができるのか?

ハーフスイング、スリークォーターの
小さなスイングをしてみてください。

そのときのトップの位置が
調度良いというケースが多いです。

(3)フォローはフルスイングの位置

ハーフスイング、スリークォーターの
小さなスイングでコンパクトなトップを作ります。

・トップの位置はハーフスイングの位置。

・フォローの位置はフルスイングの位置。

このようにするとコンパクトなトップで
大きなフォローを作れます。

プロのスイングを観ると
トップとフォローの高さが同じです。

ですが、自分では高さが同じつもりでも
バックスイングが大きく、フォローが小さいケースは多いです。

コンパクトなトップ、大きなフォローのスイングは、
結果として、トップとフォローが同じ大きさの
バランスの良いスイングになります。

このスイングを身に付ければ、
インパクトで加速する飛距離が出るドライバーになります。

*** まとめ ***

(1)インパクト前の減速はダメ
(2)バックスイングはコンパクトに
(3)フォローはフルスイングで大きく

加速しながらインパクトを迎えると
大幅な飛距離アップを期待できます。

ドライバーの飛距離は最大のアドバンテージ

大幅なスコアアップを期待できますよ。

応援しています。

スポンサーリンク