必ず一発で出るバンカーショットの打ち方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンカーショットのミスで大叩きをしてしまう、、、

こんな悩みを持つゴルファーは少なくないです。

どうすればバンカーショットが簡単になるのか?

コツさえつかめば、バンカーショットは簡単です。

バンカーショットに自信を持てるとグリーンを狙う時のプレッシャーも少なくなります。

つまり、、、バンカーが得意になると

・セカンドショットのプレッシャーが小さくなりショットが安定する

・バンカーから確実にグリーンに乗せることができる

・スコアが良くなる

というわけです。

まずはバンカーショットで駄目なパターンをご紹介します。

・不安で「力が入る」

・フェースを開けない(ロフトを立てすぎ)

・短く持ちすぎ

・バックスイングが小さい

「バンカーが苦手」というゴルファーは上記にあてはまる項目が多いです。

あなたは大丈夫ですか?

バンカーショットの基本ポイント

・トップでもフォローでも腕に力をいれず、クラブの重さでスイングをします。

・フェースを開き、バックスイングをゆったりと大きく

・腕の力を抜き、クラブの重さを利用してリズム良く振ります。

・振りぬく位置をイメージしておき、怖がらずにフォローを大きく振ります。

バンカーショットを得意になるには、「基準となる距離」を作ると良いです。

・ふり幅はいつも一緒で、肩から肩のスリークオーターを基準で振る

・腰を回転させてスイングする。(手打ちは駄目です)

・取る砂の量もいつも一緒

・下半身を安定、上半身をリラックス

腕の力を抜いてリズムよく振りぬきます。

25ヤードくらいの距離を打てると思います。

基準となる距離ができると自然に距離感も安定してきます。

フェースを開けば、ボールは高く上がり距離を短くできます。

振り幅を少し変えると、打つ距離を微調整できます。

まずは「基準の打ち方をマスター」が大切です。

バンカーショットのミスを減らす方法

コースでは多くのことを注意していられません。

バンカーショットのミスを減らす2つのポイントを厳選しました。

(1)フェースを開く

バンカーショットは直接ボールを打たず砂の勢いでボールを運びます。

フェースを開かないとクラブが砂に潜ってしまい砂が前に飛びません。

フェースを開くとクラブヘッドが砂に潜りにくくなります。

慣れていないと違和感があると思いますが、バンカーショットの基本は「フェースを開く」です。勇気をもってフェースを開きましょう。

(2)砂をバンカーの外に飛ばす

フェースを開いて打ち込むだけではボールが前に進む力が弱いです。

「砂をバンカーの外に向かって飛ばす」というイメージも必要です。

バンカーショットで、「ボールが前に進まない」「グリーンに届かない」という場合はこのイメージがおすすめです。砂と一緒にボールもグリーンに運べます。

練習場でバンカーショットの練習法

「練習場でティーアップしたボールをフェースを開いて打つ」

という練習をしてみてください。

バンカーショットに近い練習をできますよ。

上手く打てると、クラブフェースがボールの下を潜り、ボールはティーの上に残っています。

ボールは飛んで行かないので何度でも練習できます。

アマチュアゴルフーの大半は、バンカーショットが練習不足しています。

したがってショットの時不安を感じると思います。

練習場でのティーアップしたボールで、バンカーショットの練習量を増やしてみましょう。

まとめ

バンカーショットは、

(1)フェースを開く
(2)砂をバンカーの外に飛ばす

バンカーショットを得意になるとゴルフが楽しくなります。

応援しています。