ドライバーの飛距離を出す打ち方色々






飛ばしは最大のアドバンテージ

飛距離を伸ばしたいのは
私達ゴルファーなら誰もが思うこと。

ドライバーの飛距離がでると
セカンドショットで短いクラブを使えます。

パーオンの確率が上がります。
バーディの確率の上がります。

飛距離の出し方は色々ありますが
2つの方法を紹介します。

■ドライバーの打ち方

(1)肩を深く捻転する

テークバックで左肩を右に押し込むイメージです。

手先であげると肩の捻転があさくなりやすいです。

左肩、左腕、クラブを一体化して
左サイドを右に押すようにテークバックします。

左肩が深く入りやすいです。

肩が深く入るので捻転が大きくなり
飛距離がでます。

但し、上下の捻転差を出すために
下半身(腰)はなるべく回転させないことです。

(2)テークバックで右肩を後ろに引く

テークバックで「右肩を後ろに引く」
というイメージもオススメです。

「右肩を後ろに引く」と
体幹を使ってスイングできます。

ゆっくりとしたスイング始動をしやすいです。

肩の回転も深くなります。

「手でヘッドを持ち上げる」のではなく
「右肩を後方に引く」がオススメです。

体幹を使ったスイングになり
飛距離が伸びると同時にスイングが安定します。

*** 飛距離アップのポイント ***

(1)テークバックで左肩を右に押す
(2)テークバックで右肩を後ろに引く

どちらかの方法を選んでも良いです。
両方を同時に試しても良いです。

肩の捻転が深くなり飛距離が伸びます。
飛距離が伸びるとゴルフが楽になりますよ。

課題を1つ1つクリアすれば、必ず飛距離は伸びます。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク