ゴルフで、250ヤードを飛ばす飛距離アップ方法




飛距離アップとスコアアップを目指すには、
体幹の安定性が重要です。

ベストは、ストレッチと体幹トレーニングを
同時に行えるトレーニングがよいでしょう。

体幹がしっかりしているとショットが安定し
飛距離アップを期待できます。

ケガや腰痛の予防にも効果があります。



250ヤードを飛ばす飛距離アップ方法

■多くのプロが実践しているトレーニング

体幹トレーニングは、
多くのトッププロが取り入れています

トレーニングで一番重要な部分は体幹です。

筋肉量を増やすのと同時にスピードが
落ちてしまわないように気をつけます。

プロは1回のトレーニングで
50種類以上のメニューをこなすそうです。

ただ、、、アマチュアがそんなにたくさんの
トレーニングをするのはむずかしい。

ですので、スコアアップ、飛距離アップに
重要な体幹トレーニングをご紹介します。

■自宅でできる飛距離が伸びる体幹トレーニング

(1)腹筋と腹斜筋を鍛える

前傾姿勢をキープするには
腹筋と腹斜筋を鍛えると良いです。

(2)股関節の強化

ゴルフスイングでもっとも重要な筋肉は
バックスイングとダウンスイングに必要な
両脚の内側と外側の筋肉です。

ゴルフは下半身の強化が
飛距離アップに効果的です。

下半身の鍛え方をこちらで紹介しています。

ドライバーの飛距離アップする重要な筋肉

体幹がしっかりしているとショットが安定し
飛距離アップを期待できます。

飛距離が伸びるとゴルフが楽しくなります。

参考になれば幸いです!

スポンサーリンク