アイアンのすくい打ちを直す簡単な方法

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次のような症状がある場合は、
すくい打ちをしている可能性が高いです。

・アイアンが飛ばない
・ダフリやすい
・左足下がりが苦手

これらは全て「すくい打ち」が原因です。

最近のアイアンは低重心なので「すくい打ち」でも
それなりにボールは飛んでくれます。

正確なショットではありませんが、
ミスをカバーしてくれるわけです。

しかし、飛距離までカバーできません。

どうすれば、すくい打ちを直せるのか?

フェアーウェイのフワっとした芝の上にある
ボールはうてるけど、、、

芝が薄くなったり、バンカーにあるボールはうてません。

すくい打ちを直すと、、、

・ダフリが激減
・フェアーウェイバンカーからクリーンに打てる
・飛距離が伸びる
・ショットが安定する

などメリットがたくさんあります。

すくい打ちを直す簡単な方法

すくい打ちの原因の1つとして、
テークバックで沈み込みの発生です。

テークバックで沈み込んでも
インパクトでその分起き上がれば
きちんとボールは打てます。

しかし、スイング中に前傾姿勢が変わるので
ショットが安定しません。

(1)テークバックで沈み込む原因

テークバックで沈み込む原因は、
大抵、アドレスにあります。

たとえば「体がボールに近すぎる」というのも
原因の1つです。

体がボールに近すぎるとグリップが体に近づき
テークバックで沈み込む動きがでやすいです。

腕を脱力した状態でグリップできると
飛距離も伸びますし、スイング軌道も安定します。

理想のアドレスは肩の真下に
グリップが来るイメージです。

「良いスイングは良いアドレスから生まれます」

スイングを疑う前に
アドレスをチェックする癖をつけましょう。

(2)インパクトをチェック

理想のインパクトを知ることも大切です。

良いアドレスを知り、良いインパクトを知ると
良いスイングがイメージしやすくなります。

正しいインパクトのイメージを知ることが
ゴルフ上達の近道です。

アイアンの低重心化で多少のミスでも
ボールが飛ぶようになりました。

低重心のアイアンは少しくらいダフっても
ある程度はボールが飛びます。

そのために「すくい打ち」や「ダフリ」に
気づかない方も多いです。

クラブでミスをカバーするにも限界があります。

力強いショットを打つには
正しいインパクトを身につける必要があります。

正しいインパクトを身につけるには
正しいインパクトを知る必要があります。

あなたは正しいインパクトのイメージを
持っていますか?

頭でイメージできない動きは、
実践できません。

ゴルフスイングは下向きにボールを打つもので、
すくい上げる打ち方は無いのです。

「ボールを上げようとする動き」は
ゴルフをはじめる全ての初心者が
一度はおちいる間違いです。

もしあなたがすくい打ちをしているなら
すくい打ちを直しましょう。

緩やかなダウンブローを身に付けて下さい。

是非、参考にしてください。