チーピンを直すにはゆっくりテークバックが効果的




もしあなたが

「たまに低いチーピンがでる・・・」
と悩んでいるなら、

この記事が参考にしてください。

チーピンを直すと同時に
スイングを安定させて
飛距離を伸ばす方法をご紹介します。

チーピンで悩んでいる人の多くは
アウトサイドインの軌道をしています。

ボールが最初から左に飛ぶ場合は
アウトサイドインの軌道です。

ヘッドの軌道に対してインパクトで、
フェースが閉じれば、低いチーピンになります。

この場合はスイング軌道を直す必要があるわけです。



テークバックをゆっくりにしてみる

アウトサイドインの軌道を直す方法は
いくつかありますが、

「テークバックをゆっくりにする」

という方法も有効です。

テークバックが早いと
手や腕だけでクラブをあげてしまいます。

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげると
テークバックで肩の回転が不足しがちです。

肩の回転が不足するとアウトサイドインの

軌道になりやすいです。

ゆっくりとテークバックすると
肩の回転が大きくなります。

するとアウトサイドインの軌道が軽減されます。

ゆっくりテークバックのメリット

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげると
スイングの再現性も悪くなりますし、飛距離も落ちます。

ゆっくりテークバックをすると、
体幹の大きな筋肉を使ってテークバックが出来ます

大きな筋肉は器用に動かないので
スイングの再現性が高くなります。

大きな筋肉はパワーが大きいので
ヘッドスピードが上がります。

ゆっくりテークバックをすると
低いチーピンも直ると同時に
スイングが安定して、飛距離もアップします。

チーピンにはいくつか原因があるので、
必ずしもあなたのチーピンを解決しないかもしれません。

効果があるか試してみてください。

ゆっくりテークバックは飛距離アップ、
スイングの再現性アップの効果が高いです。

チーピンも直って、スイングも安定して
飛距離が伸びたら最高ですよね?

応援しています!

スポンサーリンク