前傾角度を維持すれば飛距離が伸びる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと飛ばしたい!

ゴルフをはじめれば誰もが思うことです。

飛距離を伸ばす方法はいくつかありますが、
「前傾角度を維持する」も重要です。

ダウンスイングで前傾角度を維持できると、、、

・芯で打てる
・ショットが安定する
・飛距離が伸びる

など、多くのメリットがあります。

ではどうすれば、前傾角度をキープできるのでしょうか?

前傾角度が変わると、インパクトの位置がずれ
トップや、ダフリがでる。

前傾角度が変わると、インパクトの位置がずれ
クラブの芯でボールを打てずに飛距離が落ちる。

前傾角度が変わると、スイング軸がぶれて、
ヘッドスピードが落ちる。
などなど・・・
安定性、方向性、飛距離など多くの観点から
前傾角度をキープすることは大事です。

前傾角度をキープするメリットは、

・ミスショットが減り
・方向性が安定し
・飛距離がアップ

など、沢山あります。
しかし、前傾姿勢をキープするのは簡単ではありません。

■ゴルフの前傾姿勢は日常の生活にはない不自然な姿勢

不自然な姿勢を保ちながら、
早いスピードで
再現性のあるスイングをする。

ここにゴルフの難しさがありますね。

「前傾角度をキープするコツ」をご紹介します。

■ 前傾角度をキープするコツ

腰の高さを変えないことがポイントです。

腰の高さが安定すると、上半身の前傾も安定します。

では、どのように腰の高さを安定させるか?

背中側のゴルフズボンのベルト通しを他の人に軽くつまみ上げてもらいます。

背中側のベルト通しが動かない状態で、
クラブを持たずに素振りをします。

この背中側のベルト通しが動かない状態でスイングができると、
下半身が安定します。

■ 前傾角度をキープするコツ

バックスイングで前傾角度が変わる方が多いです。

意識としては、

「アドレスからトップまで、目とボールの距離を変えない」

ボールと目の距離を変えないことで、前傾角度をキープ出来ます。

今までバックスイング時に上半身の前傾角度が起きていた人が、
バックスイング時に目とボールの距離を変えないように意識すると、
以前に比べて『きつく』感じますがそれ でOKです。

上手くできている証拠です。

その「きつさ」がスイングを安定させて、飛距離を伸ばします。

応援しています。