シャンクがでる原因とシヤンクの簡単な直し方

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンクって嫌ですよね。

「ペキッ!」というあの感触は
本当にガッカリします。

シャンクがでるとなぜか心理的に焦ってしまいます。
当然ですが、シヤンク球は右ラフ或いは、
OBゾーンになりスコアも悪くなります。

すぐに直せれば良いのですが、
一度出るとまたシャンクがでるのでは?

シャンクには、いくつか原因があります。

シャンクの8割はテークバックで
インサイドに引きすぎる原因によるもの。

ですが、簡単な直し方があります。

ボールがフェースではなく
ヒールにあたるシヤンクです。

ヒールにあたる原因はいくつかありますが
大抵の場合は、
テークバックをインサイドに引き過ぎが原因です。

テークバックをインサイドに引き過ぎると
シャンクになる理由としては。

テークバックでインサイドに引きすぎると
バックスイングでフェースを開いて
ダウンスイングでフェースを閉じるという動きになります。

フェースローテーションが大きくなり
ボールを打つ許容範囲が狭くなります。

これがシャンクの原因になります。

(1)テークバックでインサイドに引きすぎる原因

では、なぜインサイドに引いてしまうのか?

テークバックでインサイドに引きすぎるのは
肩の回転でなく、手でクラブを上げているから。

手の動きをおさえて、肩の回転でスイングしましょう。

(2)シャンクは小さなスイングで直す

シャンクの原因の殆どは、
テークバックでインサイドに引きすぎです。

インパクトのスイング軌道を直すには
腰から腰の小さなスイングで直します。

手の動きをおさえて、
肩の回転でスイングすると直せます。

シャンクを直すには積極的に肩を回転させましょう。

インサイドインの正しいスイングプレーンをマスターしましょう。

この練習は「シャンクを直す」というだけでなく
ショットの再現性を高めるためにも効果の高い練習です。

シャンクが出てきたら、
腰から腰の小さなスイングで、
インサイドインの正しいスイング軌道を練習する。
これがオススメです。

シャンクはスイング軌道に問題があるケースが殆どです。

スイング軌道の悪い動きが癖になる前に
直してしまいましょう。

是非、お試しください。