ゆっくりテークバック出来れば飛距離は必ず伸びる

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライス、飛距離不足、アイアンの精度が低い!

沢山の悩みを持っているAさんが、

ドライバーとアイアンの飛距離をアップし
ベストスコアを更新されました。

この男性がベストスコアを更新した理由はいくつかあるのですが、
その1つが「ゆっくりテークバック」です。

なぜ、ゆっくりテークバックで飛距離が伸びるのでしょうか?

何故バックスイングが速すぎると飛ばない?

飛距離不足に悩むゴルファーの多くは、
バックスイングをあげるスピードが速すぎます。

筋力のある男子プロは、早いテークバックでも
肩を捻転できます。

練習量の少ないアマチュアゴルファーが
早すぎるテークバックをすると
肩を充分に回すことが難しくなります。

手や腕だけでクラブを上げてしまいます。

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげると
体幹の大きな筋肉を使えません。

手や腕の小さな筋肉は器用に動くので
スイングの再現性が低くなります。

小さな筋肉は器用に動きますがパワーが小さいです。

手や腕の小さな筋肉でクラブをあげると
スイングの再現性も悪くなりますし、飛距離も落ちます。

ゆっくりテークバックをすると、
体幹の大きな筋肉を使ってテークバックが出来ます

大きな筋肉は器用に動かないので
スイングの再現性が高くなります。

大きな筋肉はパワーが大きいので
ヘッドスピードが上がります。

大きな筋肉を使って、ゆっくりテークバックをすると
スイングの再現性も良くなり、飛距離もアップするわけです。

男子プロのスイングは真似してはダメ!

理想的なスイングリズムというのは個人差があります。

自分にとって最適なスイングリズムを見つけましょう。

男子プロのスイングはとても早いので
真似するとリズムが悪くなるでしょう。

筋力のある男子プロはスイングリズムが早いです。

男子プロのスイングを参考にしても良いですが
スイングリズムを参考にするのは難しいのです。

殆どのアマチュアゴルファーは
スイングリズムが早いために、
スイングの再現性が低く、飛距離もロスしています。

あなたに最適なスイングリズムを見つけましょう。

スイングが安定して、飛距離が伸びます。

プロの真似をせず「今よりもゆっくり上げる」を
試してみてはいかがでしょうか?

スイングが安定して、飛距離も伸びますよ。

応援しています!