ショットの方向性が安定すればドライバーのOBは激減




ショットの方向性を安定させるには!

ショットの方向性が安定することで
ドライバーのOBは減ります。

ショートホールでもパーオンが増えて
スコアが良くなります。

ということで、今日は
方向性をアップさせるための課題
を紹介します。



方向性をアップさせるための課題

方向性をアップさせるための課題は、
アドレスでの正しいアライメントです。

アドレス時に正しく打ちたい方向に向いて
アドレスできているか?

スイングを悩むよりもアドレスの向きが大切です。

多くの方が実際にコースに出ると、
右向きのアドレスをとってしまいます。

意外やボールを打つ前にアドレスの向きを
チェックしてみると、結構、右をむいている。

アドレスで右を向いているので
ナイスショットでもボールが右に飛びます。

一番の問題は、アドレスで右を向いているのに、
スイングに問題があると勘違いすることです。

もしあなたが、狙った方向に飛ばない
と悩んでいるのなら、「アドレスの向き」
をチェックして下さい。

ミスショットの8割はアドレスとアライメントですね。

ラウンドで正しい方向にアドレスするには?

ラウンド時に正しい方向にアドレスする
簡単なコツをご紹介します。

スパット(目印)をボールの前後で2箇所見つけます。

ボールから、目標方向に50cmほど離れたところに
スパットを見つけます。

スパットとして利用するものは、ディボット、
色の違う芝、小枝など、落ち葉などなんでもいいです。

スパットを利用すると、
目標方向に正しくアドレスをしやすくなります。

スパットは目標方向とは逆側にも見つけます。

2つのスパットの間に、
ボールがあるようにします。

ボールをはさんで2つのスパットがあると
練習場でボールを打つのに近い状態になります。

正しい方向にアドレスするのが
とても簡単になります。

アドレスで正しい方向に構える

練習場でボールをたくさん打つよりも
アドレスをチェックします。

打席でただボールを打つのではなく、

目標を毎回かえて、狙った方向にアドレスする。

実際にコースでボールを打つところを
イメージしながらボールを打ちましょう。

スタンスの向きだけでなく、
肩のライン、腰のラインが
目標方向をむいているか確認しましょう。

狙った方向にアドレスをできると
スコアがとても良くなります。

応援しています。

スポンサーリンク