フックを直すには自分の球すじを知る




hookゴルフをはじめた頃はスライスが多く、

徐々にスライスが直ったと思ったのに

今度はフックになるケースが多くなった。

フックを直せば、OBも減る。

フックを直せば、飛距離も伸びます。

フックを直せば、スコアも安定して良くなるわけです。

フックを直す方法を紹介します。



■まずは自分のフックの種類を知ることから

自分のフックの種類とは、、、

(A) 目標方向に飛んでから、左に曲がる

(B) 目標方向より左に出てから、左に曲がる

ボールが目標方向に対して、どの方向に飛んでいるか

をチェックすれば自分のフックがわかります。

■フックの直し方の分析

ボールはクラブヘッドの動く方向に飛び、
フェースの向いた方向に曲がります。

これを理解していると、
何をすれば良いかが見えてきます。

(A)目標方向に飛んでから、左に曲がるフック

スイング軌道はOKです。

インパクトでフェース面がかぶる点を直しましょう。

(B)目標方向より左に出てから、左に曲がるフック

アウトサイドインの軌道と
インパクトでフェース面がかぶる点のどちらも対応が必要です。

■フックを直すには?

フックに悩む多くのゴルファーが(A)の

「目標方向より左に出てから、左に曲がる」

というフックをしています。

このフックを直すには「アウトサイドイン」の
スイング軌道を直しましょう。

アウトサイドインを直す一番の方法

アウトサイドインの軌道は次の方法で直せます。

(1)スイングを直すときは素振りがオススメ

スイング軌道を直すときは素振りがオススメです。

スイング軌道を直しているときは
ボールを打っても打球が安定しません。

ボールを打つ場合は、
ボールの変化を確認するだけです。

スイングを直している間は
ナイスショットを期待してはいけません。

(2)スイングを直すときは小さなスイングがオススメ

スイングを直すときはフルスイングよりも
ハーフスイングが良いです。

小さなスイングの方がスイングを直しやすいからです。

ハーフスイングからフックを直して
徐々にフルスイングに近づけます。

(3)スイングを直すときはオーバー気味の動きで直す

スイングを直すときは「オーバー気味の動き」をすると
直しやすいです。

「アウトサイドイン軌道」を直す場合は、
「インサイドアウト軌道」を目指してスイングをします。

バックスイングをいつもよりも、
内側(体に近づける側)に上げます。

フォローを外側(右側)に振りぬきます。

「アウトサイドイン軌道」を直すには
逆の動きである「インサイドアウト軌道」を意識します。

すると中間の「インサイドインの軌道」に近づきます。

「間違った動きを直すには、オーバー気味の動きで直す」

これはゴルフスイングを直すときに
全般的に使える考え方です。

フックやスライスを直すことで
大きく飛距離が伸びることは多いです。

まずは「小さなハーフスイングの素振り」から始めては
いかがでしょうか?

力強いドローを打てるようになり
ショットが安定して、飛距離が伸びますよ。

応援しています。

スポンサーリンク