ロストボールを防ぐ方法がある!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スコアを良くするには色々な方法があります。

そのうちの1つをご紹介します。

それは、、、

特に左右に曲がったボールの行方を見届けるということです。

ティーショットが右に曲がりボールが林に入ってしまいました。

「あ!しまった!」

こんな経験は誰もがあるものです。

重要なのは、次の行動です。

ボールの行方を見届ければスコアはよくなる!

(1)ボールの行方を見失うとどうなるか?

「あ!しまった!右に打った!」

「なんでスライスするんだー!」

とりあえずクラブを何本か持って、その辺りに行ってみる・・・

あれ?この辺りに落ちたはずなんだけど・・・

なんとかボールが見つかり、他の人が待っているので、急いでボールを打つ。

とりあえず、木にぶつからず林を出たが、ボールはグリーンから距離のある難しいバンカーに入りました。

バンカーがあるとは確認できていなかった。

バタバタしながら、なんとかグリーンにボールを乗せました。

他の人が待っているので、グリーンの傾斜をゆっくり確認する余裕もなく、結局、3パットでトリプルボギー。

いつもこんな調子?

(2)ボールの行方を見届ければ!

「あ!しまった!右に打った!」

まずはボールの行方を最後まで見届ける。

セカンドショットでグリーンに届かせるられるか?

寄せワンを狙うにはどうしたら?

バンカーがあるので絶対に避けよう・・・

次の戦略を考えながら歩いていきます。

ボールはすぐに見つかり、グリーンへの攻め方が決断できる。

ここからは、グリーンに届かない距離だ、3打目を狙いやすい場所に出す。

3打目がナイスオン、寄せワン狙いだ!

他の人がアプローチをしている時間にグリーンの傾斜をしっかり確認します。

運よく長めのパーパットが入り、パーでホールアウトできました。

■なにがスコアの違いになったのか?

ティーショットでボールの行方を見届けたか?

この小さな行動がスコアの差になったのです。

ティーショットでボールの行方を見届けると、、、

・ボールを探す時間が減り、プレーに余裕

・次のショットの戦略が練れる

・プレーのリズムが狂わない

など、スコアを崩さずにすみます。

ゴルフはメンタルなスポーツです。

リズムが重要なスポーツです。

ボールの行方を見届ける!

この小さな行動がスコアに違いを生み出します。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ロストボールを防ぐ方法がある!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!