アイアンのトップ・ダフリを無くす方法

アイアンのトップやダフリを無くすには
ちょっとしたコツがあります。

アイアンのトップやダフリを防げると
パーオンの数が増えて、スコアが良くなります。

ちょっとしたコツはこれです。

  • 傾斜にあわせてアドレスする
  • 傾斜にあわせてボール位置を調整
  • ボールの位置で素振りをする
  • アドレスに入ったらスイングに集中
  • 緩やかなダウンブローで打つ

アイアンのトップ・ダフリを無くす方法

(1)傾斜にあわせてアドレスする

フェアウェイは平らに見えて
必ず傾斜があります。

その微妙な傾斜により
気づかないうちにボールの位置が
いつもと変わってしまします。

ボールの位置が変わるために
トップやダフリになります。

「つま先上がりはクラブを短く持つ」

など傾斜にあわせてアドレスと
クラブの持ち方を調整します。

(2)傾斜にあわせてボール位置を調整

ボールの位置も調整が必要です。

「左足下がりはボールを右に寄せる」

など傾斜にあわせてボールの位置を調整します。

(3)ボールの位置で素振りをする

ボールの位置、グリップの位置などを
素振りで確認します。

素振りをする時は、ボールの位置でする。

(4)アドレスに入ったらスイングに集中

アドレスをしてからは、スイングに集中しましょう。

グリーン周りの池やバンカーは忘れましょう。

「アドレスする前に決めた
スパットにボールを打ち出す」

「リズム良くスイングする」

「左腕主導のスイングをする」

など、、、スイングの課題があれば、
その課題に集中しましょう。

因みに、スイングの課題は1つにしましょう。

複数の課題があるとリズムが悪くなりやすいです。
複数の課題は練習場で行います。

良いスイングをするには
リズムとバランスが大切です。

(5)緩やかなダウンブローで打つ

アイアンショットはダウンブローに打つと
トップやダフリを防止できます。

ダウンブローとは、スイング軌道の最下点に達する前に、
クラブヘッドがボールに接するショットです。

ダウンブローだけがアイアンでナイスショットを打つ方法です。

練習場のマットだと、少しダフっても
ボールが飛ぶので「少しダフったスイング」
をしていると本人が気づいていないケースも多いです。

本番でナイスショットを打つために
緩やかなダウンブローを身につけてください。

是非、試してください。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク