この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左の肩を深く回して飛距離を伸ばす方法

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

左の肩を深く回せば、右の方は高く上がる

ゴルフの飛距離は
肩の回転により産まれます。

肩の回転が不足している
飛ばし屋はいません。

ちょっとした工夫をしただけで
肩の回転が深くなり、
ドライバーの飛距離が20ヤード伸び
アイアンの飛距離も1番手伸びます。

肩の回転を深くして飛距離を伸ばす方法

以前、Aさんはこんな悩みを持っていました。

・ドライバーの飛距離が出ない
・スライスが直らない
・アイアンの飛距離がでないし精度も悪い

なんとかしようと色々なビデオを購入しました。

練習場ではうまく打てても
いざコースに出ると特にスライス病が出てしまう。

その繰り返しでした。

で、、、

ある方法を試したところ、スライスが直り
ドライバーの飛距離が20ヤード伸びたそうです。

アイアンの飛距離も1番手伸びました。

Aさんが実践したのは、

「ゆっくりテークバックして、ダウンスイングを肩から始動」

ゆっくりテークバックすることで、
大きな筋肉を使えて芯で捉えやすくなるのです。

なぜ、ゆっくりテークバックがオススメなのか?

体幹を使ったバックスイングができる

ゆっくりテークバックをオススメする理由は
いくつかあるのですが、、、

その1つが「体幹を使ったバックスイングができる」です。

最近、活躍している若手プロの多くが
下半身の動きをおさせて
体幹を使ったバックスイングをしています。

体幹を使ったバックスイングのポイントは、

「右膝の位置を変えずにバックスイングをして下半身を安定させる」

「手を使わずに、上体を捻転させる」

ただ、、、肩を回そうとして
下半身も一緒にまわってしまってはだめです。

ゆっくりとテークバックをすると
体幹を使ったバックスイングをしやすくなります。

スイング軌道が安定するので
スイングの再現性が高くなります。

ボールを芯で捉えやすくなります。

体幹の大きな力を使えるので
ヘッドスピードがアップします。

芯で打てて、ヘッドスピードがアップするので
飛距離がアップします。

理由は、
最近のクラブは体重移動よりも、
捻転で飛ばす方が、楽に飛ばせるからでしょう。

あなたも「ゆっくりテークバック」を試してみませんか?

肩の回転が深くなって
飛距離がアップしますよ。

応援しています。

スポンサーリンク
左の肩を深く回して飛距離を伸ばす方法
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!