フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって球筋を打ち分ける必要はありません。

むしろ「常に同じボールを打ち続ける」という方が良いスコアはだしやすいです。

しかし「球筋を打ち分ける練習」は「ショットの感覚」を養うために良い方法です。

自分の理想の球筋を探す手助けになります。

不調になったときにスイングを調整しやすくなります。

ボールを見る位置で球筋を変える方法

普通、ボールの球筋を打ち分けるにはボールの位置やスタンスの向きでコントロールする場合が多いです。

ですが、「ボールのどこを見るか?」で球筋をコントロールする方法があります。

(1)フェードボール

ボールの一番手前を見ながら打つ。

体に一番近い点に視線を注いでいつもと同じスイングをするとフェードボールが打てる。

視線の位置を変えることで、微妙にスイングが変わりフェードになるのです。

(2)ドローボール

ボールの一番遠い場所を見ながら打つ。

体に一番遠い点に視線を注いでいつもと同じスイングをするとドローボールになる。

(3)高いボールを打つ

ボールの右端に視線を注いで打つ。

視線を変えるだけでスイングはいつもと同じにする。

おそらくスイングの最下点が右に移動し、払いうちに近い動きになると予想します。

(4)低いボールを打つ

ボールの左端に視線を注いで打つ。

視線を変えるだけでスイングはいつもと同じにする。

スイングの最下点が左に移動し、ダウンブローが強くなると予想します。

このように視線を変えるだけで、ボールの球筋を変えることができると言います。

この方法がすばらしいと思うのはアドレスを変えて球筋を変えようとするより、ミスが少ない点です。

もし球筋が変わらなくても、いつもと同じショットがでるので大きなミスショットにならずにすみます。

視線の重要性を理解するためにも試す価値があります。

参考 ドライバーで低いボールを打つ方法

ラウンドをしているとドライバーで低いボールを打ちたい場面があります。

アゲンストの強風、打ち下ろし、右サイドに池やOBがあるホール。

低いボールは飛距離が落ちやすいのですが飛距離を落とさない方法として、低いボールを打ち、ランで飛距離を稼ぐ方法です。

ドライバーの低いボールは風の影響を受けにくく、また打ち下ろしのホールでは地面に早く落ちるので、狙った場所にボールを打ちやすいです。

ただし、、、

低いボールはキャリーが少ないために距離が落ちやすいです。

飛距離を落とさないためにキャリーが少なくなる分をランで稼ぎます。

アゲンストの時はティーアップを低くする話をよく聞きますが、打球は低くなり、ランがでません。

その理由は、ティーを低くするとフェースの下でボールをヒットするのでバックスピンが増えて、ランが減ってしまいます。

従って、飛距離を落とさないためにはティーの高さはいつもと同じにします。

ボール位置を通常よりボール1個分、右に移動します。

アッパーに打たないためです。

あなたのゴルフの幅を広げるために、
是非、お試し下さい。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
フェード、ドロー、高いボール、低いボールなど球筋を打ち分ける
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!