フェードとドローの打ち方?

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェードとドローの違い

(1)フェード

ボールを少し左に打ち出し少し右に曲がる。
アウトサイド・インのスイングです。

ドローに比べて、高いボールになりランが少ない。

ランが少なく、ラインを出しやすいので
「狙った場所に打つ」を重視した球筋です。

(2)ドロー

ボールを少し右に打ち出し少し左に曲がる。
インサイド・アウトのスイングです。

ランが出やすいのが特徴です。

飛距離が出やすい球筋です。

■フェードボールってどうなの?

一般的にフェードボールは飛距離が出にくいです。

フェードの特徴は

・ボールが上がる
・ランが少ない
・ラインが出しやすい

ヘッドスピードが充分にあり、
飛距離に満足しているゴルファーが
方向性を安定させるためにフェードを覚えるケースが多いです。

■ドローボールをオススメしたい

まだ球筋が決まっていないなら、
ドローがオススメです。

ランが出て飛距離が出やすいからです。

フェードで飛距離を出すには
体力が必要になりますし、練習量が必要です。

練習量が少ないアマチュアゴルファーには
ドローをオススメします。

■ドローとフェードの打ち分けは不要

フェードと決めたなら、
フェードに徹した方が良いです。

ドローと決めたなら、
ドローに徹した方が良いです。

練習時に両方のボールを打つことで
スイングの調整力を高めるのは良い。

しかし、コースにでたら
持ち球を守ることをオススメします。

練習時には打ち分けができても
緊張する場面できっちりと打ち分けができるか?

コントロールできたボールを
安定して打てるか?

持ち球を決めて、それに磨きをかけることを
オススメします。

■フェードで飛距離を伸ばす方法

フェードで飛距離を伸ばす方法も
重要なポイントはドローと同じです。

飛距離を伸ばす方法はいくつかありますが、、、

とくに大切なのは「無駄な力み」を取り、
「左主導のスイング」をすることです。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
フェードとドローの打ち方?
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!