ドライバー250ヤード以上飛ばすコツとテクニック公開

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーショットが安定しない、飛ばない・・・
と悩んでいませんか?

ドライバーの飛距離アップを望むゴルファーがとても多いと思います。

それと同時に、「飛距離アップは難しい」「どうすればいいのかわからない」と考えている方も多いようです。

しかし、実は飛距離アップをすると言うことは、飛距離アップのコツを掴めばそんなに難しい事ではありません。

コツを掴めば、ゴルフ全体のスイングが格段に安定して、しかも全部のクラブで、恐らく1番手以上、飛距離が伸びます。

もしあなたが、「飛距離アップしたい!」と考えているのであれば、この記事が参考になると思います。

飛距離アップには色々な方法がありますが、ここでは厳選した練習方法をご紹介します。

どうすれば飛距離を伸ばせるか?

私達ゴルファーなら飛んで曲がらないショットを打ちたい!

誰もが思ったことがありますよね。

飛んで曲がらないボールを打つには「ある重要なポイント」があります。

無駄の多いスイングは、、、

・練習が減ると不調になる
・再現性が低く、ショットが安定しない
・飛距離が出にくい

などのデメリットがあります。

癖がないシンプルなスイングは

・練習が減っても不調になりにくい
・飛んで曲がらないショットが打てる
・練習すればするほど上達する

など、、、

本気でゴルフを上達したいなら
癖の少ないシンプルなスイングを目指すべきです。

ではどうすれば
「無駄の少ないスイング」
が身につくのか?

「飛んで曲がらないショットを打ちたい!」

ドライバーショットを狙った方向に打つには重要なポイントが2つあります。

アドレス」と「バックスイングの始動」です。

(1)狙った方向にスクエアな「アドレス」をする

アドレスの向きが間違っていて狙った方向に飛ばないと悩んでいる方は多いです。

目標の「右を向いているゴルファー」が多いです。

アドレスの向きが悪いのでショットが良くてもパーオンしません。

もったいないです。

(2)テークバックの始動で体重移動をおさえる

ショットを安定させるために重要なのが「バックスイングの始動」です。

多くのゴルファーがテークバックの始動で腰が右に動きすぎています。

スウェーという動きです。

簡単に言いますと体全体が左右に大きく動いてしまうのが「スウェー」です。

軸がブレてドライバーは芯を外しやすくなります。

フックやスライスの原因にもなります。

頭を動かさず、腰だけが左右に動くとリバースピボットになります。

体重移動を意識して行うとスウェーになりがちです。

アマチュアの9割は体重移動を意識しすぎでスイングが不安定になっています。

バックスイングで右足に大きく体重を移動するとダウンスイングで左に大きく戻す必要があります。

左右の動きが大きくなるとインパクトのタイミングが難しくなります。

インパクトがジャストタイミングであえば芯で打てる可能性はあります。

でも難しいです。確率は下がります。

もしあなたが飛ばそうとして
左右に体を動かしているなら、、、

体重移動をおさえると
ショットが安定して、飛距離も伸びますよ。

ドライバーショットが安定するとフェアウェイにボールを打てるようになります。

ランがでて飛距離が出ますし、打ちやすい場所からセカンドショットを打てます。

パーオン率が高くなりパーやバーディーを狙うゴルフができますよ。

スイング軸を安定させて飛距離を伸ばす方法

ドライバーショットを安定させる自宅でできるドリルがあります。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えます。

当然、スコアは良くなります。

自宅でできるドリルなのでスキマ時間に出来ます。

ドライバーショットが安定しない理由はいくつかありますが、最大の要因は「スイング軸のブレ」です。

スイング軸がブレると、テンプラ、チョロ、スライス、フック、、、

あらゆるミスがでます。

スイング軸のブレを防止するドリルがあります。

(1)額を壁にくっつけてシャドースイング

クラブを持たずにアドレスをします。

額が壁に触れた状態をつくり、シャドースイングをします。

フォローでは、右肩に押し出されるように頭と上体が自然と起き上がります。

フォローで無理に頭を動かさないようにすると、スイングにブレーキがかかります。

このドリルは、「肩から肩までのスリークオーターのスイング」で試して下さい。

額を壁に押し付けずに軽く振れる程度でokです。

(2)腰のスウェーに注意

このドリルを行うときの注意点が1つあります。

バックスイングで腰が右に移動しないようにしましょう。

バックスイングで軸が右に流れている状態はスウェーです。

頭が動かなくても、腰が左右に移動すればスイング軸がぶれてしまいます。

バックスイングで右膝を右に流さないようにしましょう。

スウェーを防止できます。

(3)シャドースイングでグリップが壁にぶつかる?

額を壁につけてシャドースイングをするとグリップが壁にぶつかってしまう人もいます。

ダウンスイングでは、ほとんどの人が思っているよりグリップを体の近くを通さなくてはいけません。

ダウンスイングからボールを打ち抜くまで両手のグリップは必ず両目の真下より体の近くを通る必要があります。

額を壁につけてシャドースイングをしたときグリップが壁にぶつかるのは手の軌道が外に出すぎています。

体の近くを通すことで再現性の高いスイングができますし、飛距離も伸びます。

額を壁につけてスイングするドリルはスイング軸をキープすると同時に手の正しい通り道を確認できます。

(4)ボールを打つ時は「イメージの壁」に額をつける

シャドースイングで体の動きを覚えたら実際にボールを打ちます。

練習場でも「イメージした壁」に額をつけてボールを打ちます。

「額を壁につけてシャドースイング」は地味な基本練習ですが効果の高いドリルです。

打点が安定しないと悩んでいるならおすすめです。 

腕と体の同調で飛距離を伸ばす

(1)腕ではなく、体の回転でクラブをテークバック

カラダの回転により腕が動くイメージです。

トップがコンパクトになり飛距離も出て方向性もアップします。

イ・ボミ選手のスイングが参考になります。

【動画】イ・ボミ選手のスイング

「体の回転でテークバックをする」を意識してみてはいかがでしょうか?

ドライバーの飛距離を伸ばすには「腕と体の同調」が大切です。

(2)両腕をクロスさせるドリル

「腕と体の同調」を身につけるにはこのドリルがオススメです。

胸の前で両腕をクロスさせて上半身を左右に回転させる

イ・ボミ選手はこのドリルをジュニア時代に毎日欠かさず100回していたそうです。

場所を選ばずにできるドリルです。毎日100回は無理でも少しずつ試してみてはいかがでしょうか。

グリップの力を弱くして飛距離を伸ばす

グリップの力を抜くと、ヘッドが走り高いボールを打てます。

飛ばそうとして力がはいると、ヘッドが走らず、低いボールになってしまいます。

グリップの力を弱くすることでアイアンもドライバーも飛距離が伸び、アイアンショットは高いボールが打てるようになります。

飛距離をロスする原因は沢山あります。

  • 強すぎる「グリッププレッシャー」
  • 間違った「ボール位置」
  • パワーの出にくい「アドレス」や「グリップ」
  • 早すぎる「リズム」
  • 捻転の少ない「バックスイング」
  • 間違った「ダウンスイングの順番」
  • 過剰な体重移動
  • スウェイ

飛距離をロスしている原因が見つかれば改善は難しくありません。

フックを直して飛距離を伸ばす

フックが出はじめたら飛距離アップのチャンスです。

フックを打ったときのインパクトはアウトサイドインの軌道になっています。

その理由として、

・右手が強すぎる
・右肩が前に出る
・右に体重が残る

などがあります。

フックが出るのは左サイドより右サイドが勝っていると考えます。これは右サイドで強く振れる状態になってきたことです。

またヘッドスピードが上がってきているけど左サイドと右サイドのバランスが悪い状態なのです。

この状態で右サイドを弱くすれば、フックは直るかもしれませんが、せっかくの飛距離アップのチャンスを逃す可能性があります。

左サイドを積極的に使ういくつかの練習方法があります。

・左のグリッププレシャーを右よりも少し強くする

・ボールを打つ前に「左腕一本」で素振りをする

・フィニッシュで左に体重をのせて、しっかりと振り切る

・ダウンスイングで左肩を積極的に左に移動する

右の強さに左が勝つことでフックを防止できます。右の強さに、左の強さが加わり今よりも大きく飛距離が伸びる可能性があります。

フックになったら、左サイドを積極的に活用し、飛距離アップのチャンスを逃すな!です。

肩のラインをチェックして飛距離を伸ばす方法

ドライバーのアドレスでとても多い間違いが、肩のラインがオープンになるという間違いです。飛んで曲がらないボールを打つためにはアドレスが大事です。

(1)ドライバーは肩のラインがオープンになりやすい

本人は気づいていないケースも多いのですが

「ドライバーだけ肩のラインがオープンになる」という方は多いです。

アイアンのアドレスは良いのにドライバーだけ肩のラインがズレるのです。

なぜ、

ドライバーだけ肩のラインがオープンになるのでしょうか?

それは、「ボールの位置が体のセンターより左側だから」です。

一般的にドライバーショットのボール位置は、「左足かかとの前」です。

これはアッパーに打つために正しいボール位置です。

しかし、そのために肩のラインが左を向きやすいのです。

・ボールの位置が左足かかとの前
・ボールが正面の中心より左にあるので右肩が前にでやすい
・肩のラインがオープンになりやすい
・テークバックがアウトサイドにあがりやすい
・ダウンスイングがインサイドアウトになりやすい
・上から鋭角に打つ起動になる
・スライスになりやすい
・方向性が安定せず、飛距離も落ちる

アイアンでは体の正面にあるので肩のラインはターゲットラインと並行にしやすいです。

ドライバーはアイアンに比べて肩のラインが左を向きやすいのです。

(2)肩のラインをチェックする方法

肩のラインはとても重要です。

ドライバーを持った時のアドレスをチェックしてみて下さい。

シャフトを胸の前に当てます。

「飛球線のラインと平行になっているか?」をチェックします。

セルフチェックも行いますが、定期的に他の人にチェックしてもらうと良いです。

両足のラインは多少、オープンでもクローズでも良いのですが

肩のラインは必ずスクエアになるようにしましょう。

アドレスが良くなると方向性が安定して飛距離が伸びますよ。

ボールの位置を見直すだけで飛距離が伸びる

ボールの位置が右になるほど低いボールになります。

気づかないうちにボールの位置はズレます。

プロでもボールの位置はズレます。

ボールの位置を少しずつ変えてして一番気持ちよく打てるボール位置を探しましょう。

ボールの位置に絶対の正解はありません。

あなたが打ちやすい場所にボールをおきましょう。

(1)基本は左足かかとの前

一般的にドライバーショットのボール位置は「左足かかとの前」です。

(2)「ボール1個分ほど右」のプロも増えている

以前は「左足かかと前」が基本でしたが

最近は「ボール1個分ほど右にする」というプロも増えています。

理由はいくつかあります。

・以前に比べて、ボールが上がりやすいヘッド
・以前に比べて、シャフトの戻りが早い
・以前に比べて、重心移動が少ないスイング

ボールの位置は「左足かかと前」にこだわらず微調整をしましょう。

スイングをして「最下点の少し左」にボールをおけば緩やかなアッパーブローに打てます。

自然にスイングして「芯」にあたりやすい最適なボール位置を見つけましょう。

(3)体の軸が右に傾くほど、ボール位置も右になる

また体の軸が右に傾くほどボール位置も右になります。

ドライバーショットの飛距離を伸ばすには、「ボールの位置」がとても大切です。

「左足かかと前」にこだわる必要はありません。

クラブの進化、スイングの進化、体格差など様々な要因で最適な位置はかわります。

微調整をしながらボールを打ち「あなたに最適なボール位置」を見つけましょう

ドライバーが安定するリズムの整え方と練習方法

どうすればドライバーショットが安定するのか?

大切なのは「リズム」です。

スイングのリズムが安定するとショットが安定します。

芯で捉えやすくなり飛距離も伸びます。

ドライバーショットのリズムを整える方法はいくつかあります。

(1)ショートアイアンとドライバーを交互に打つ

「ショートアイアンとドライバーを交互に打つ」というドリルはオススメです。

「ドライバーのリズムが早い」という人は、使うクラブによってスイングリズムが変わります。

クラブによってリズムが大きくかわるとショットが安定しません。

特にドライバーは「飛ばしたい」という気持ちからリズムが早くなりやすいです。

練習場で同じクラブで何度もボールを打ち続けているうちにリズムはあってきますが、、、

本番では1発勝負です。

ショートアイアンとドライバーを交互に打ち同じリズムで打てれば、本番でもリズムが安定します。

ショートアイアンで「飛ばしたい」と思う方は少ないでしょう。

ショートアイアンはクラブが短く安心してボールを打てます。

ショートアイアンのスイングはゆったりとしたリズムになりやすいです。

「ショートアイアンとドライバーを交互に打つ」というドリルをお試し下さい。

自然とドライバーのリズムもショートアイアンのリズムに近づきます。

何度か繰り返すとドライバーのスイングリズムも安定していきます。

(2)得意なクラブを使ってリズムを整える

ショートアイアンではなく得意なクラブを使っても良いです。

得意なクラブとドライバーを交互に打ちます。

得意なクラブというのはスイングリズムが安定しているものです。

ここで重要なのは「同じリズム」で打ち続けること。

得意なクラブのリズムでドライバーも打てるようになります。

スイングリズムが最適になりショットが安定しますよ。

(3)スイングリズムは練習で身に付ける

いつも一定のリズムでスイングする!

これは練習をしなければ身につきません。

ラウンド時にリズムを意識するのも良いですが、練習でリズムを安定させましょう。

ラウンド中はOB、池、林、バンカーなど他にも注意すべきことがたくさんあります。

ラウンドではコース戦略やターゲットに集中したいです。

安定したリズムを身につければラウンドでリズムを意識しないですみます。

あなたにとって最適なスイングリズムはいつも同じです。

スイングリズムは、無意識にいつも同じになる!

これが理想です。

ショットが安定し、飛距離が伸びてスコアが良くなりますよ。

狭いコースでフェアウェイをキープする方法

狭いコースは左右に曲げるとスコアを崩しますが、距離が短いのでティーショットさえ曲げなければ、バーディーを取れる可能性が高いです。

実は簡単な方法でティーショットの左右のブレを減らせます。

(1)ドライバーを短く持つ

フェアウェイをキープするシンプルな方法とは「クラブを短く持つ」です。

短く持つメリットはたくさんあります。

スイートエリアで打てる確率が大幅にアップします。

芯で打ちやすくなります。

ショートアイアンに比べてドライバーは苦手な人が多いです。

ドライバーを難しく感じる一番の理由は「クラブが長いから」です。

「ドライバーを指3本分ほど短くもつ」を試して下さい。

簡単にショットが安定しますよ。

(2)飛距離が落ちない理由

「クラブを短くもつと飛距離が落ちそうで嫌だな・・・」
と思うかもしれません。

はい、そう思うのが当然です。

ただ、、、実際に試してみるとわかります。

多くの場合で飛距離は落ちません。
むしろ平均飛距離は伸びるケースが多いでしょう。

理由はいくつかありますが、、、

・芯で打つ確率が上がる

・フェース面が安定する

・カウンターバランスの効果でヘッドが走る

クラブを短く持つだけで飛距離は落ちずショットが安定するなんて素晴らしいですよね。

クラブを短く持つ効果は実際に試せば一発でわかりますよ^^

クラブを短く持つと飛距離が落ちそうですよね。

実は飛距離はそれほど落ちません。

「最大飛距離」は落ちますが、「平均飛距離」は落ちないのです。

狭いコースは飛距離を伸ばす必要がなく「狙った場所に打つ」が大事です。

狭いコースは左右に曲げるとスコアを崩しますが、距離が短いコースが多いのでティーショットさえ曲げなければバーディーを取れる可能性が高いです。

大幅なスコアップを期待できます。

本番でドライバーの飛距離を出す方法

(1)アドレスでは右手を添えるだけ

飛距離がでない原因の1つは「力み」です。

コースでのラウンドに慣れていないとついつい力が入りやすいです。

力みを取る方法はいくつかあります。

「アドレスで右手のグリップを緩める」という方法もオススメです。

右利きのゴルファーはついつい右手に力が入ります。

右手に力が入ると手首の動きが悪くなりヘッドが走りにくくなります。

もしあなたが右手に力がはいる癖があるなら「アドレスでは右手をそえるだけ」を試してみてください。

ヘッドが走り飛距離がアップします。

(2)背筋を伸ばして歩く

疲れてきたり、プレッシャーがかかるといつもよりも猫前になりやすいです。

本人が気づかないうちにほんの少し猫背になります。

周りの人が見ても気づかない程度かもしれません。

「ほんの少しの猫背」が飛距離ダウンの原因になります。

背筋が丸くなると肩の回転がスムーズに出来なくなります。

疲れてきたときこそ背筋をピンと伸ばして歩きましょう。

自然に背筋の伸びたアドレスになるので肩の回転がスムーズになります。

肩の回転がスムーズになると飛距離が伸びます。

(3)余裕のあるルーティンでゆったりと振る

コースにでるとついついリズムが早くなります。

感覚的に早いリズムの方が飛びそうですがゆったりリズムは飛距離が出ます。

本番では「いつもよりゆっくりしたスイング」を意識するくらいで調度良いです。

テンポをゆったりとさせるにはルーティンが大事です。

ルーティンがゆったりとしているとスイングも早打ちにならず適度なリズムになりやすいです。

まとめ

想像してください。

「あなたのドライバーショットの飛距離が30ヤード伸びたゴルフを」

「あなたの打ったボールがライバル達のボールを大きく越えていく様子を」

ラウンドが最高に楽しくなりますよね!

誰もが飛距離をロスする原因を持っています。

特にコースでは飛ばしたいという気持ちが強くなり、気づかないうちに悪い癖がでてしまうものです。

飛距離をロスしている原因を見つければあなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

応援しています!

スポンサーリンク
ドライバー250ヤード以上飛ばすコツとテクニック公開
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

スポンサーリンク