ゴルフはひじから下の力を抜いたほうが飛ぶ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフではよく「力を抜いたほうが飛ぶ」と言われます。

といっても、「どこで力を抜くのか」と考えると難しくなります。

肩からぶら下がっている、腕、クラブ全体をぶらぶらさせるのでしょうか?

レッスン書などを見ると「手首を柔軟に」などと書いてあることがあります。

わかったような、わからないような感じです。

ポイントは ひじから下

ひじから下を柔らかく使うことで、ヘッドスピードも速くなり、再現性も高くなります。

「ひじから下」とは、以下を試してみてください。

両手を15センチ~20センチくらい離してアドレスの姿勢を作ります。

クラブは持ちません。

両手のひらを向かい合わせにして離し、親指は上に向けます。

さらに、両手でドッジボールを持っていることをイメージします。

そして、そのボールを右隣に立っている人に渡す動きをします。

そのときの両腕の動きを確認してみてください。

「両腕できる三角形を維持したまま」といった動きではない。

両手はそれぞれ時計回りに動きます。

特に右腕は、ひじから上(二の腕)は体にくっついたままでひじが折れ、手のひらが上を向くような動きになります。

人間の骨格の構造として、そのような動きになるのが自然なのです。

ゴルフをやったことがない人でも、「ボールを右にいる人に渡してください」といえば、誰でも右ひじがたたまれ右手のひらが上を向くような動きになります。

右に立っている人にボールを渡すのがバックスイングですが、ダウンスイングは、右に立っている人からボールをもらい、左に立っている人に渡すような動きになります。

ひじから上はほとんど動かず、ひじから下がくるっと回ります。

これがゴルフスイングの自然な動きです。

実際にゴルフクラブを持つと、フェースも回転します。

ひじから下のくるりと回る動きと、フェースの回転が合わさって、ヘッドスピードが生まれるわけです。

トッププロのスイングを見ると、そんなに大きく振っているように感じないのに、ヘッドスピードが速いのはここに理由があるのですね。

ひじから下に力を入れず、くるっと回す素振りをやってみてください。

自宅ででもできます。

力を入れなくてもクラブが『ビュン』と走ることが体感できると思います。

応援しています。