ゴルフは何歳になっても「飛ばしたい」という思いが!




飛ばそうと思えば、思うほど、飛ばないし、ミスが多くなる。
よく「力が入ってしまった」とか、「もっと力を抜いて振らなければ」などと言われます。
では、なぜ力が入ると飛ばないし、ミスが多くなってしまうのでしょうか。

大きな要因の一つは、クラブの構造にあります。

ゴルフクラブは、グリップとクラブヘッドをシャフトでつないでいます。
ボールを打つのはクラブヘッドです。
すなわち、ヘッドスピードが飛距離に大きく影響するわけです。

飛ばすためには、クラブヘッドをできるだけ素早く振り回すことが大事です。

「飛ばない」と悩む人の多くが、ヘッドではなく、グリップを一生懸命引き下ろそうとしてしまいます。

さらに、「曲げたくない」という思いから、腕、グリップ、シャフト、ヘッドを一体にして動かしてしまいます。

野球で言えば、バントをするような形です。
バントをするような形で、いくら速く振ろうとしても、なかかかスピードは上がりません。

プロや上級者の中には、「グリップではなくヘッドを振れ」と言います。
さらに、「手元は止めておけ」と言います。

ムチや縄跳びをイメージするとわかるでしょう。
ムチや縄(シャフト)の先端を速く振るためには、できるだけ手元は動かさないほうがいい。

腕やムチを一体にしてなどと考えていると、ムチは振れません。

さらにクラブの動きはクラブに任せる。
手をできるだけ動かさず、体の動きだけでクラブを振ってみる。
意外にと思えるほど、スピードが上がります。

力を抜いてスイングできるようになったら、シングルになれるでしょう。
毎週、練習場に行っているのになかなか上達しないと感じている人は、試してください。

応援しています。

スポンサーリンク