ゴルフの大叩きを無くす3つのコツ




1ホールの大叩きでスコアがボロボロ・・・

あなたもこんな経験はないですか?

どうすれば大叩きを防げるのでしょうか?

トラブルに陥ったときに大切なものは技術よりも正確な判断でしょう。

正確な判断ができれば大叩きを防げます。

ゴルフで大叩きの原因は、
難しい状況から無理をしてしまうからではないですか?



ゴルフで大叩きしない方法

コースに出るとどうしても、いいスコアで回りたいと思ってしまいます。

その思いが大きくなりすぎてしまうと、スタートホールや出だしの数ホールで大叩きしてしまうことがありませんか?

せっかくのゴルフが台無しに・・・

では、そうならないためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

(1)トラブル時の無理は禁物

想像してください、、、

もしあなたのボールが林に入ってしまいました。

グリーンに近づけるには、木と木の狭い間に打たなければならない。

木と木の狭い間を狙えばグリーン手前の50ヤードにボールを運べます。

横に出せばグリーンまでの距離は150ヤード残ります。

あなたはどうしますか?

残り50ヤードも、残り150ヤードもスコアでは大きな差はありません。

グリーンに近づけようとして、林からの脱出に失敗するとスコアを大きく崩す可能性が高まります。状況とリスクを冷静に把握しましょう。

トラブル時は無理をしないことが大叩きを減らすコツです。

もし脱出が5割以上の成功ならばチャレンジしても良いかもしれません。

でも、殆どの場合「横に出すだけ」が正解でしょう。

安全策が優先でしょう!

(2)次のショットが優しくなる場所を選ぶ

トラブル時は無理をしないで横に出そうと、安全なルートを選んでも油断は禁物です。

林から横に出すときに注意が必要です。

横に出すときは確実にフェアーウェイにボールを置きにいきます。

ボールを横にだす場合、弱すぎても強く打ちすぎても、フェアーウェイにボールが残りません。せっかく安全策を選択したのに、次のショットをラフや傾斜面から打つことにならないように注意しましょう。

ポイントは、どこにボールを出すか明確に決めることです。

  • 30ヤード以上打てば、手前のラフを超えてフェアーウェイに届く
  • 60ヤード以上打つと、逆側のラフに入る

この30ヤードから、60ヤードの範囲に林からボールを出し、確実にフェアーウェイにボールを置くことです。

ですが、安全策を選んだからといって出せばよいわけではありません。場所によっては次のグリーンを狙うショットがバンカー超えになってしまうケースがあります。

ボールを置く場所によって次のショットの難易度が変わります。

どこにボールを打つのか明確に決めて、次の打つショットが優しくなる場所を選びます。

これを意識するとスコアを崩さずにすみます。

(3)ミスショットが出たら空を見上げる

大きなミスショットをしてしまった時、空を見上げてみることをオススメします。

頭に血が上ってしまうと、自分でも驚くほど視野が狭くなっているものです。

その時は、空を見上げて、深呼吸します。

雲の流れや木立の揺れ、風の音を感じてみます。

ゴルフができる喜びが感じられるはずです。

これで次のナイスショットに繋がるでしょう。

まとめ

ゴルフで大叩きしない方法!

・トラブル時の無理は禁物
・次のショットが優しくなる場所を選ぶ
・ミスショットが出たら空を見上げる

正確な判断ができれば、大叩きを防げます。

少しくらいミスショットをしてもスコアを崩さずにすみます。

参考:こちらにもトラブル解決法が掲載されています。

ドライバーからアイアン、アプローチまでショットのトラブルの解決法
ドライバーからアイアン、アプローチまでショットのトラブルの解決法
ドライバーからアイアン、アプローチまでショットのトラブルの解決法、パッティングの心構えやストロークから、コースの攻略方法、傾斜地やバンカーの対処法、風や正確な距離計測など、ゴルフに必要なすべてが揃っています。

参考になれば幸いです。

応援しています!

スポンサーリンク