イ・ボミはゆったりとしたスイングで飛距離が出ます!




イ・ボミのようにゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばす方法

イ・ボミはスイングに力みがありません。

しなやかで力強いスイングで飛距離がでます。

ゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばすにはコツがあります。



ゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばす方法

テークバックはできるだけゆっくりが良い。

グリップが右ひざを過ぎる辺りまでゆっくり引きます。

イ・ボミも正確なショットを打つために
ゆっくりテークバックを重視しています。

なぜ、ゆっくりテークバックが良いのか?

テークバックをゆっくりすると、

・肩の回転でバックスイングができる

・リズムが早いと腕を使ってクラブを上げてしまう

・腕の動きが少ないので、アドレスで構えた場所にクラブが戻りやすい

・芯でボールを打ちやすい

・肩を充分にまわせるので飛距離が伸びる

・「スイングが安定」し、「飛距離が出る」

では、本当にゆっくりテークバックが有効なのか?

ゆっくりテークバックは捻転が大きくなります。

クラブがなくてもできるので、今、試すことができます。

(1)椅子に座ってバックスイングをする

椅子に浅く座ります。

手はクラブを持ったつもりで体の前でグリップの形をつくります。

下半身を止めた状態で「早いリズム」で
バックスイングをして上半身だけトップを作って下さい。

上半身の回転が大きいほど捻転が大きく飛距離が伸びます。

ですが、早いリズムでテークバックすると
腕が体の正面からハズレやすく、
インパクトにむけて元にもどすのが難しくなります。

これでは、スイングの再現性は下がるし、
スイングのパワーもロスしてしまいます。

(2)次は、ゆっくりとテークバックをする

次にゆっくりと肩の回転を意識しながら同じ動きをします。

今度はバックスイングの時に右肩を後ろに引きます。

早いリズムで上げたときより、
ゆっくりリズムで「肩を回した」方が
すこし捻転が大きくなると感じませんか。

肩は体の中でも大きなパーツです。

この大きなパーツは急速に動かすのは難しいです。

また、ゆっくりとテークバックした方が
腕を体の正面にキープしやすいです。

バックスイングのリズムが早い方が勢いがついて
肩の回転が深くなりそうに感じるかもしれません。

しかし、早いテークバックは、肩の回転が不足します。

また、腕が体の正面から外れやすくなり、

スイングの再現性が下がり、飛距離も落ちます。

****

もし、あなたが調子が悪くなったら、
ゆっくりとスイングをしてみませんか?

あなたに最適なリズムでスイングすれば
飛距離も伸びますし、ショットも安定すると約束します。

応援しています。

スポンサーリンク