イ・ボミはゆったりとしたスイングで飛距離が出ます!

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・ボミのようにゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばす方法

イ・ボミはスイングに力みがありません。

しなやかで力強いスイングで飛距離がでます。

ゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばすにはコツがあります。

【動画】イ・ボミ選手のラウンド練習風景

なぜ、ゆったりスイングが良いのか?

ゆったりスイングには色々なメリットがあります。

ゆったりとしたスイングで飛距離を伸ばす方法

テークバックはできるだけゆっくりが良い。

グリップが右ひざを過ぎる辺りまでゆっくり引きます。

イ・ボミも正確なショットを打つためにゆっくりテークバックを重視しています。

なぜ、ゆっくりテークバックが良いのか?

テークバックをゆっくりすると、

・肩の回転でバックスイングができる

・リズムが早いと腕を使ってクラブを上げてしまう

・腕の動きが少ないので、アドレスで構えた場所にクラブが戻りやすい

・芯でボールを打ちやすい

・肩を充分にまわせるので飛距離が伸びる

・「スイングが安定」し、「飛距離が出る」

では、本当にゆっくりテークバックが有効なのか?

ゆっくりテークバックは捻転が大きくなります。

クラブがなくてもできるので、今、試すことができます。

(1)椅子に座ってバックスイングをする

椅子に浅く座ります。

手はクラブを持ったつもりで体の前でグリップの形をつくります。

下半身を止めた状態で「早いリズム」でバックスイングをして上半身だけトップを作って下さい。

上半身の回転が大きいほど捻転が大きく飛距離が伸びます。

ですが、早いリズムでテークバックすると腕が体の正面からハズレやすく、インパクトにむけて元にもどすのが難しくなります。

これでは、スイングの再現性は下がるし、スイングのパワーもロスしてしまいます。

(2)次は、ゆっくりとテークバックをする

次にゆっくりと肩の回転を意識しながら同じ動きをします。

今度はバックスイングの時に右肩を後ろに引きます。

早いリズムで上げたときより、ゆっくりリズムで「肩を回した」方がすこし捻転が大きくなると感じませんか。

肩は体の中でも大きなパーツです。

この大きなパーツは急速に動かすのは難しいです。

また、ゆっくりとテークバックした方が腕を体の正面にキープしやすいです。

バックスイングのリズムが早い方が勢いがついて肩の回転が深くなりそうに感じるかもしれません。

しかし、早いテークバックは、肩の回転が不足します。

また、腕が体の正面から外れやすくなり、スイングの再現性が下がり、飛距離も落ちます。

最適なリズムでスイングする方法

では、、、ひたすらゆっくり振れば良いのか?

と聞かれれば答えは「ノー」です。

多くのプロが「ゆっくり振る」を意識しているのは、意識しないとリズムは速くなりやすいから。

あなたにとって最適なリズムを見つける方法をご紹介します。

(1)いろいろなスイングスピードを試す

自分の体感で結構です。

スイングスピードを50%、70%、90%、120%・・・

というように、複数のリズムを試してください。

その中で「一番気持ち良いリズム」を探します。

殆どの場合、「一番気持ち良いリズム」が一番スイングが安定します。

芯で打てるようになり、飛距離も伸びることが多いです。

(2)ラウンド前の練習は「リズム重視」

リズムは素振りで整えると良いです。

ボールを打つとついついリズムが速くなりますから。

ラウンド前にリズムを整えましょう。

ラウンド前の練習ではあまり細かいことを考えずリズムを整えるために練習します。

「1回素振りして1球打つ」

これを淡々と繰り返すとリズムが整いやすいです。

ゆったりリズムで飛距離を伸ばす3つの方法

(1)トップで間を作る

タメを作るにはスイングリズムが大切です。

切り返しで「ワンテンポ」クラブを遅らせることでタメが生まれます。

ヘッドが走り飛距離がアップします。

切りかえしの瞬間の「間」がタメを作ります。

切り返しの「間」については、教える人により表現が変わります。

表現は違いますが目指しているものは同じです。

たとえば、、、

・切り返しで「クラブを置いてきぼり」にする

・トップでクラブを一瞬、静止させる

・スイングリズムを 『イチ、ニー、「の」、サン』にする

「イチ」でスイング始動、「ニー」でバックスイング、「の」で切り返し、「サン」でフィニッシュまで振り切る・・・

どのようにイメージをするかは自由です。

あなたのリズムが安定する方法を実践すればよいのです。

(2)右腕リラックス

トップで「間」を作るには右腕のリラックスが必要です。

右腕に力が入ると肩の回転が不足しますし、スイングリズムが早くなります。

右腕リラックスにはアドレスで「右腕の力を抜く」「右手のグリップを緩める」という意識がおすすめです。

(3)アドレスで右手は添えるだけ

きき手が右手の場合は、右手のグリッププレッシャーが強くなりやすいです。

どうしても力がはいる場合は、「アドレスで右手は添えるだけ」を試してください。

右手のグリップを弱めると左手主導のスイングになります。

「アドレスで右手は添えるだけ」と意識しても力が抜けない場合は、、、

「親指と人差し指をグリップから外す」を試して下さい。

さらに右手の力を抜きやすくなります。

いかがですか?

ゆったりスイング!

あなたにあいますか?

ゆったり振って飛距離を伸ばす方法をご紹介しました。

あなたの飛距離はまだまだ伸びますよ。

あなたが今以上にゴルフを楽しめますように!

もし、あなたが調子が悪くなったら、ゆったりとスイングをしてみませんか?

あなたに最適なリズムでスイングすれば飛距離も伸びますし、ショットも安定するとお約束します。

参考になれば幸いです。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
イ・ボミはゆったりとしたスイングで飛距離が出ます!
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!