飛距離を伸ばすにはちょっとしたコツがあります

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離は生まれつきの運動神経などの
要因もありますが、
飛距離を伸ばすにはちょっとしたコツがあります。

「飛距離が出ない」と悩んでいる方は
そのコツを知れば飛脚的に伸びます。

そのコツとは、

(1)正しいアドレスを決める

ゴルフでナイスショットを打つために
アドレスほど重要なものはありません。

アドレスがしっくりしないとき、
勇気を持って仕切り直すことです。

そのまま打ってもきっといい結果は得られないでしょう。

良いショットを打つには自然体で気持よく動けるアドレスが不可欠です。

アドレスを少し見直すだけで飛距離が伸びるケースは多いです。

良いアドレスは、ショットが安定し飛距離もアップします。

(2)腕と肩の力を抜く

飛ばそうとして腕に力が入っている方も多いです。

腕に力をいれれば入れるほど飛距離は落ちます。

スムーズに動かなくなり、ヘッドスピードがおちてしまいます。

イ・ボミは上半身の力を抜いて、下半身を安定させています。

腕から無駄な力を抜くと飛距離がアップしますよ。

(3)腕の力で飛ばそうとしない

飛距離を伸ばそうとして、
腕を早く振ろうとするが、
むしろ飛距離が落ちるというケースも多いです。

なぜ、腕を早く振ろうとすると飛距離は落ちるのでしょうか?

原因は「肩の回転が不足」しているから。

腕を早く振ろうとしても肩が動いていないと、
腕の動きを肩が邪魔をしてしまいます。

そのため腕を早く振ろうとしてもヘッドスピードが上がらないのです。

飛距離をアップする方法は他にもあります。

重要なのは、あなたの飛距離はまだまだ伸びるということ。

飛距離を伸ばして、もっとゴルフを楽しみましょう!

応援しています。