この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つま先上がりでミスしない打ち方

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

ドライバーショットでスライスすると、

セカンドショットでつま先上がりになるのはよくあるケース。

つま先あがりを上手く打てるようになると

スライスをしてもスコアを崩さずにすみます。

いつも、つま先上がりで失敗してしまう方!

つま先上がりの打ち方を知っていれば難しくありません。

失敗しないつま先上がりの対応方法は?

つま先上がりの簡単な打ち方

(1)クラブを短く持つ

つま先あがりは傾斜によりボールが体に近づきます。

傾斜の分だけクラブを短く持ちます。

グリップの真ん中や、もっと短くグリップしても良いです。

(2)長めのクラブを使う

クラブを短く持つので飛距離が落ちるので、

1番手大きめのクラブを使います。

(3)下半身を安定させる

つま先あがりは、重心がかかとよりになりがちです。

重心を前にのせ、下半身をどっしりと安定させます。

(4)コンパクトなスイング

打点がズレやすいので下半身の動きをおさえて

コンパクトなスイングをします。

(5)右を狙う

つま先あがりは、フックになりやすいので、

傾斜の度合いに応じて目標を右に設定します。

(6)多めに素振り

平らな状態とは違い慣れていないライです。

いつもより2、3回は多めに素振りをしましょう。

出来るだけ似たライで素振りをして

ショットのイメージを作ってからボールを打ちます。

(7)焦らない

つま先あがりの状況になっている場合は、

その前のショットでミスをしているケースが多いです。

気持ちを落ち着かせてスイングをしましょう。

つま先あがりは準備さえしっかりすれば

難しく無いショットです。

応援しています。

スポンサーリンク
つま先上がりでミスしない打ち方
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!