アプローチの方向性をアップする練習方法




アプローチが成功すれば、グリーンを外してもスコアが崩れません。

寄せワンでパーが取れます。

アプローチが上手い人は、ラウンド回数が多いこともありますが、ショットの方向性が安定しています。

アプローチの距離感を重視している人は多いですが、アプローチの方向性を軽視している人も多いです。

アプローチの方向性が悪いと距離感が良くても、ピンに寄りません。

アプローチの方向性が良いと多少、距離があわなくても、大きなミスにならないです。

アプローチの方向性が良いとピンの近くにボールを運べるので当然スコアが良くなります。

もしあなたが、アプローチが寄らない、と悩んでいるのであれば、アプローチの方向性を高めてください。

アプローチの方向性が安定すれと寄せワンの確率が上がり、一気にスコアアップできます。

アプローチの方向がぶれる原因はいくつかありますが「アドレス」に問題があるケースは多いです。



アプローチの方向性をアップする練習ドリル

(1)明確なイメージを持つ

アプローチの方向性をアップするには

明確なイメージを持つことが重要になります。

そのイメージの方向に向かってボールを打ち出します。

(2)自分のミスの傾向を知る

アプローチの方向性のぶれは、ほとんどのケースで左右のどちらかに偏ります。

ウエッジのロフトが大きいので左にでるケースが多いのでは?

自分のミスの傾向を知っているだけでもミスを減らせます。

(3)リーディングエッジの向きに注意

アプローチの方向性は、フェースの向きに大きく影響を受けます。

狙った方向にリーディングエッジを直角にあわせると良いです。

ボールの近くに目印(スパット)を見つけて、その方向にフェース面をあわせると

方向性が安定しやすいです。

アプローチの方向性が悪い人はフェース面の向きが安定していないケースが多いです。

ショートゲームはスコアのカギを握っています。

距離感だけでなく、方向性もアップしましょう。

(4)フェース面とボール位置の確認

フェース面が目標方向を向いているかチェックします。

次にボール位置を確認します。

ボール位置が左過ぎるとボールとフェース面のコンタクトが難しくなります。

また、ボールの位置が左過ぎるとダフリやすくもなります。

「アプローチでダフりやすい」という場合、重心位置よりもボールが左にある場合が殆どです。

アプローチでダフるなら、ボールを右に移動してみます。

アプローチでダフったら、ボール位置をチェックしましょう。

(5)アプローチはオープンスタンス

スクエアに構えた状態で左足を後ろに引いた状態です。

オープンスタンスは体が回転しやすくなるメリットがあります。

足はオープンスタンスでも「肩と腰はスクエアの状態」にします。

スクエアとはターゲットラインに対して肩と腰が並行になった状態。

肩と腰がオープンになるとカット打ちになり方向が安定しません。

オープンスタンスでも肩と腰はスクエアにすると方向が安定します。

肩のラインを目標方向にスクエアにしてそのターゲットラインにそって振るだけ。

これで狙った方向にボールを打てます。

(6)「右手の手のひら」で方向性を出す

アプローチの方向性をよくするには、ゴミ箱に丸めた紙をアンダースローで放り投げる様子をイメージして下さい。

丸めた紙を投げる時、手のひらは目標方向を向いていますよね?

アプローチはこれに近いイメージです。

クラブのフェース面を右の手のひらにするイメージです。

フェース面を手のひらのように感じながらボールを打てると、方向性が良くなります。

(7)片手打ちドリル

アプローチを安定させるために良いドリルがあります。

・右手だけでクラブを持ちます。

・軽くワキをしめます。

・ワキを締めて体の動きでボールを打ちます。

ワキをしめて腹筋や背筋などの大きな筋肉を使ってボールを打ちます。

大きな筋肉を使うことで再現性の高いスイングになります。

右手と左手のどちらも片手打ちドリルをしましょう。

左手で打つ場合もワキを軽く締めます。

両方で安定してボールを打てるようになるとアプローチはとても安定します。

(8)手首を固定してストローク

短いアプローチの場合、手首を固定すると方向性が安定します。

手首の動きをおさえて肩のストロークでボールを打ちます。

スイング軌道が安定して狙った方向にボールを打てます。

アプローチの方向性を安定させるとパット数が減ります。

アプローチの方向性を安定させる練習がオススメです。

参考:ショートゲームを極める効果的な練習法があります。

どんな状況からでも寄せワンを狙えるアプローチ
どんな状況からでも寄せワンを狙えるアプローチ
球を転がして寄せるランニングアプローチ、通常の高さでのピッチエンドラン、球の高さを出すロブショット、ラフからのショット、アプローチにはさまざまな打ち方があります。どこからでも寄せれる技術を順番に身につけていきましょう。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク