色々な練習をしたけどゴルフが上達しない!

色々試行錯誤して練習したけれど思うようなスイングやスコアに

繋がらない方が多いと思います。

練習してもゴルフが上達しない方には共通の理由があります。

クラブを変えれば、曲がらず飛距離も伸びる?

今ではパワーがないアマチュアでもボールを遠くへ飛ばせるように改良されたクラブが販売されています。

たしかに、自分の好みやパワーに合わせて、シャフトやヘッドを自分にあったものにカスタマイズすることはゴルフの楽しみ方の1つですし大切なことです。

しかし、自分のスイングを改善せずに、コントロール性や飛距離をクラブの性能だけに求めることは矛盾しています。

事実、既に60歳を超えた人でも3カ月足らずで230ヤードから270ヤード飛ぶようになった方がいます。

その方がゴルフを始めたのは、54歳で、使用しているのは安い中古クラブ、練習も週に2回程度です。

正しいスイングを身に着けていれば、どんなクラブでも、ボールは曲がらず飛びます。

その日の調子やコンディションによってミスショットが増えることもなくなり、さらに、自分のスイングスタイルを知れば、自分にあったクラブの選び方が自然と身に付きます。

ミスショットや飛距離が伸びない、

コントロールがうまくいかない理由をクラブの問題にする前にまずは、自己のスイングを見つめなおしましょう。

それからでなければ、飛距離、スコアもクラブの性能に比重を置いた安定性のないゴルフスタイルになってしまいます。

ゴルフ雑誌や本を読めばゴルフが上手くなる?

雑誌やTVのゴルフ番組などでプロゴルファーの連続写真やスイング映像を見て練習している方が多いと思います。

たしかに、毎週発行されるゴルフ雑誌には目を引く見出しに、手軽で簡単に実践できる新しい練習法はアマチュアにはとても魅力的です。

当然ですが、読むだけでゴルフはうまくなりません。

なぜなら、毎週“異なるプロ”による、“異なる練習方法”が掲載され、アイアンの打ち方1つとっても、十人十色です。

結局のところ、レッスンプロによって、ゴルフ理論、教え方が異なるということにつながります。

また、欧米の有名ツアープロのスイング理論ですら、日本人の私たちと身体の作りも異なりますし、プロにしか実現不可能なテクニックやスイング理論をアマチュアが再現するというのは無理なのです。

当然、ツアープロもスイングフォームやリズムも異なるオリジナルのスイングスタイルを持っていますので、アドバイスを聞いてもプロによって千差万別です。

鏡を見ながら一生懸命にスイングを比較し真似したとしてもあなたが今抱えるスイングの問題の解決にたどり着くことは非常に困難と言えるでしょう。

間違った練習を続けていては、当然ながらボールは遠くに飛ばないし、悪いスイングのクセがついてしまう可能性があります。

これでは、せっかくの努力も無駄な時間とお金を費やすだけです。

是非、参考にして下さい。

スポンサーリンク

フォローする

もしあなたが、

手っ取り早く100切りしたい!

と考えているならば、↓の練習方法が効果的です。

初心者でも3ヶ月以内に100切りを達成

是非、試してください。

スポンサーリンク