あなたのグリップはオーバーラッピング?クロスハンド?




プロゴルファーのなかには、パッティングのときも普通のショットと同じ、オーバーラッピングで握るプロもいる。

このタイプのプロは「パットも、ショットの延長である」と考えることによって、パッティングをよりシンプルしようとしているわけだ。

たとえば、手嶋多一プロもそのひとり。

パットのセオリーとして、

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す、というものがあるが、手嶋プロはパットもショットの延長と考えているため、インサイド・インだ。

つまりインに引いて、インに出すという軌道をイメージしながらストロークしているという。

パットとショットはまったく別物と考えるか、パットはショットの延長線上にあると考えるかによって、グリップの仕方もイメージ上のストロークの軌道も変わってくる。

これがパッティングの面白いところ。

あなたもあれこれ試して、自分にベストのグリップを見つけてほしい。

ショートパットが苦手なら、クロスハンドグリップもどうか。

クロスハンドグリップとは、左手を右手の下にしてパターを握る方法。

このグリップも、

左右の人さし指を曲げる・伸ばす、

左右の手の間隔を開ける・詰めるなど、

さまざまなバリエーションがあるが、

いずれも、ストロークを先導する左手の動きがシンプルになるため、方向性が安定するというメリットがある。

そのほかにも、左手が下になることで、

両肩を結んだラインがだしやすい、

左手首角度がキープしやすく、

左腕とパターの一体感が得られやすい、などのメリットがある。

但し、左手が主役になる分、繊細な石手の感覚が出しづらくなる。

クロスハンドは特に手の感覚をだすのではなく、肩の回転で距離感を合わせます。

もちろん、これはあくまで一般論。

どんなグリップであれ、自分のフィーリングに合うと思うのなら、何でもありなのだ。

これぞと思うグリップを見つけたら、あとは練習あるのみ。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク