ドライバーショット安定すればゴルフは楽しい

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーのショットが安定すればゴルフは楽しい!

多少ミスショットを打ってもスコアを大きく崩さずにすみます。

ドライバーのミスが少ないのはスイングが安定しています。

ドライバーが安定すればOBが減ります。

セカンドショットをフェアーウェイから打てます。

パーオンの回数も増えます。

当然、スコアは良くなり、ゴルフは楽しくなります。

ドライバーショットを安定させる方法を紹介します。

(1)アドレスのチェックが最優先

ドライバーが安定しないのはスイングに問題があるケースもありますが、ドライバーが安定しない理由はアドレスというケースがとても多いです。

大半のアマチュアがアドレスの問題からスイングが安定していないケースが多いです。

アドレスに問題があるのに、スイングを直そうとしても難しいです。

ショットが安定しない人はまずはアドレスをチェックしてください。

ショットを安定させるアドレスの作り方はこちらを参考にしてください。

正しいアドレスの作り方

(2)前傾角度のキープがショットを安定させる

スイング中の前傾角度が変わってしまってはスイングは安定しません。

スイング中に前傾角度が変わると、、、

・トップやダフリがでます

・スライスやフックもでます

などなど、なんでもでてしまい、あらゆるミスショットにつながります。

スイング中の前傾角度は絶対に崩してはいけないのです。

前傾角度をキープする方法はいくつかありますが

前傾角度をキープするにはこちらを参考に

ただ、、、前傾角度が変わる原因もアドレスに問題があるケースが多いです。

アドレスが安定しないと、上半身がぐらついて前傾角度もキープできません。

(3)練習と本番でスイングリズムが変わってしまう

練習では上手くいくけど、本番では上手くいかないケースが多いです。

多いのは、本番になるとスイングリズムが早くなる。

練習場とコースで同じリズムでスイングをできる人は少ないです。

練習場と本番を同じリズムで打てるようにするには、ゆっくりしたリズムでテークバックを開始して、肩を十分に回すことでトップからの切り返しがゆっくりになります。

練習でも本番でもゆっくりした同じリズムで行ってください。

おすすめは、

練習場で超ゆっくりリズムでスイングする練習をしてください。

全てのクラブスイングが安定します。

是非、参考にしてください。

応援しています。

今週のおすすめ練習法

日本人が誰も知らなかった「世界標準の骨を使った欧米人直線運動スイング」の秘密が大量の画像と共に公開されました。日本人とまったく違う欧米人ゴルフスイングの「共通の同じ動き」を無料大公開中です。↓

世界標準の骨を使った直線運動上達法!!ゴルフ上達法革命とは !!

ゴルフのいろいろな悩みや課題を解決したい方はこちらへ

スポンサーリンク
ドライバーショット安定すればゴルフは楽しい
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!