この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅でできるスイングリズムを良くするドリル

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

スイングリズムが良いと、ショットが安定するし、ドライバーの飛距離アップにも繋がります。

スイングリズムは、練習場でなくても自宅でできる練習方法があります。

毎日5分でも効果があります。

スイングのリズムが悪くなるとナイスショットは期待出来ません。

では、スイングのリズムが悪くなる原因として、とても多いケースとして以下があります。

・クラブの動きを意識し過ぎ

・ターゲットを意識し過ぎ

など、、、

目の前にボールがある状態でクラブを持つと、どうしてもスイングプレーンや目標地点が気になり、良いリズムでスイングができなくなるのです。

自宅でできるスイングのリズムが良くなる練習方法

良いリズムでスイングをする練習があります。

(1)クラブやボールを使わないでシャドースイング

クラブやボールがあると
テークバックの静から動が気になりリズムが悪くなります。

クラブやボールを使わないシャドースイングはプレッシャーが発生しないのでリズムがよくなります。

(2)アドレス、テークバック、トップ、フォローをチェック

クラブを肩にかついでスイングをします。

クラブを肩にかついでスイングをするので体の動きに集中できます。

以下をチェックしましょう。

・アドレス
股関節から前傾し、尻に体重をのせバランスをとり上半身をリラックスさせます

・テークバック
右膝を右に移動しないで右股関節に体重を乗せながらトップを迎えます

・トップ

左右の膝がしっかり閉まった感覚、左右の股関節に体重がしっかり乗っている感覚を捕まえる

・ダウン

前傾姿勢をキープしながら右股関節をボールに向けて押し込みます。
同時に右足の土踏まずが地面から離れないように右足を押し込みます。

・インパクト
前傾姿勢をキープ

・フィニッシュ
体重を左足にしっかりとのせ、腰を目標方向にむける

練習場でボールを打つと
「ナイスショットを打つ」に意識がいきます。

シャドースイングなら
体幹の動きをしっかりと確認できます。

(3)左足に踏み込んで良いリズムを体感

スイングの全体をチェックしたら次は良いリズムを身につけるドリルです。

このドリルもシャドースイングで行います。

・肩にクラブを担ぐ

・バックスイングで左足を右に移動

・ダウンで左足を踏み込む

・上半身はリラックスして

しっかりと回転させてフォローまで振りぬく

クラブをかついでいるので自然と体の回転がしやすくなります。

左足を踏み込む動きでスムーズな重心移動ができます。

リズムが整いやすくなります。

練習の効果

良いリズムでスイングができれば、ボールの方向性がよくなり、飛距離も格段に伸びます。

自宅で毎日5分続けるだけでも効果があります。

肩のストレッチ効果もありますのでぜひ自宅での練習にとりいれてください。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク
自宅でできるスイングリズムを良くするドリル
この記事が気に入ったらいいね!しよう。 最新情報をお届けします

あなたの応援のおかげで明日からも頑張って記事が書けます。

本日も応援ポチッとお願い!m(_ _)m

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ

ゴルフは「正しい練習」を「正しい手順」で行えば100%確実に上達!

ゴルフ上達を願う人の練習教材

飛距離アップ教材 スイング教材

ショートゲーム教材 ゴルフ教材

この記事を友達に教える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事をフォローしよう

もっとゴルフが上達する練習法をさがしてみよう!